活動一覧

季報「四季」 22年春号 Vol.54

季報「四季」Vol.54

《目次》
・J-PARCセンター副センター長就任1年目を迎えて  
  脇本秀一(J-PARCセンター)

・「製品のありのまま」の観察を目指す中性子顕微装置 iMATERIA(BL20)  
  小泉 智、能田洋平、前田知貴、稲田拓(茨城大学)

・MLF装置研究者によるIoT機器開発から実験施設におけるDXを考える
  富永大輝(CROSS)

・アルミニウムと鉄の合金を使って水素を貯える -中性子と放射光を利用した新しい水素化物探索研究-
  齋藤寛之(量子科学技術研究開発機構)

・企業紹介 株式会社 ヴィジブルインフォメーションセンター
・J-PARC MLF情報
・JRR-3情報
・活動報告
・お知らせ

2022年03月25日

5/10 電池材料研究会 開催のご案内

電池材料研究会 開催のご案内
「急速に市場拡大する二次電池の課題と量子ビームを用いた取り組み」

開催案内:こちらから   お申込:こちらから

日時:
2022年5月10日(火) 13:30~17:00 【 ZOOM によるリモート開催】

プログラム(敬称略)
※講演時間は質疑の時間を含みます

13:30-13:40 開会挨拶、開催趣旨説明
    電池材料研究会主査/(株)豊田中央研究所
    二次電池研究領域 佐々木 巌
    司会:小室又洋 CROSS サイエンスコーディネーター

13:40-14:40 「高度計測による全固体電池の課題解決へのアプローチ」
    雨澤浩史(東北大学多元物質科学研究所)

14:40-14:50 休憩

14:50-15:50 「中性子散乱による固体電解質材料の研究 」
    森一広(KEK物質構造科学研究所)

15:50-16:50 「 ミュオンによるリチウムイオン電池の研究 」
    梅垣いづみ KEK物質構造科学研究所)

16:50-17:00 総合討論・ 意見交換
17:00終了挨拶

2022年04月06日

ホームページ リニューアルのご連絡

中性子産業利用推進協議会のホームページをリニューアルいたしました
2022年1月より仮のホームページとなっておりましたが、4月よりリニューアルさせていただきました。
研究会・講習会の情報も掲載してまいりますので、ご確認いただければと思います。

また、ホームページのURLも2022年1月より http より https に変更させていただいております。
 https://www.j-neutron.com/ へのご登録変更をお願いいたします。

何かお気づきの点等ございましたら、協議会までご連絡いただければと存じます。

 

 

2022年04月19日

令和4年度 総会のご案内

中性子産業利用推進協議会 令和4年度総会


中性子産業利用推進協議会の度総会を7月14日(木)に東京秋葉原の秋葉原コンベンションホールにおいて開催致します.
令和3年度の事業報告と令和4年度事業計画を中心に審議を行います.
会員企業の皆さまだけでなく,非会員企業や大学,研究機関の皆さまにも自由に参加していただくことができます.多くの皆さまのご来場をお待ちしています.

以下に令和4年度総会の開催案を示します.

令和4年度総会
日時:令和4年7月14日(木)10:20~12:00
場所:東京 秋葉原コンベンションホール(秋葉原ダイビル2F)
(p.2の案内をご参照ください)

議事次第
10:20~10:22 開会挨拶
10:22~10:30 副会長挨拶    中村 道治(国)科学技術振興機構 顧問
10:30~10:40 来賓挨拶     文科省 (予定)
10:40~10:45 運営委員長挨拶  志満津 孝(株)豊田中央研究所 取締役
10:45~12:00 議事
第1号議案 令和3年度事業報告及び決算報告について
(監査報告:須賀伸一NAT社長, 石切山一彦(株)東レリサーチセンター 常務理事)
第2号議案 会員の入退会について
第3号議案 令和4年度事業計画及び収支予算について
その他

14日(木)PM~15日(金)17:20に令和4年度中性子産業利用報告会を開催します.
こちらにもご参加ください.別途ご案内させていただきます.
なお,14日(木)17:05~18:30に総会会場脇のホワイエにおいて意見交換会を開催しますので是非ご参加ください.
尚、会場でのコロナ対策は,アルコール消毒,検温,アクリル板設置です。
発熱などの症状がある方は参加をお断りしますので,ご理解くださるようお願い致します。

<参加申込み>
総会に参加を希望される方は下記までお申し込みください.
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfiPJC3Neb1QCWtOtZoJDSjPvNCa13b0LtALUauMkm_w-EA8Q/viewform
申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 綿引美知枝
E-mail: info@j-neutron.com
(1) 名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),(4)意見交換会への参加の有無
をご記入の上,メールにてお申込みください.


【会場案内】
秋葉原コンベンションホール
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F
アクセス:JR秋葉原駅電気街口から徒歩1分


2022年05月20日

令和4年度 中性子産業利用報告会のご案内

「令和4年度中性子産業利用報告会」開催案内
~「J-PARC MLF 産業利用報告会」は「中性子産業利用報告会」に名称を変更しました~


J-PARC MLFでは産業利用への取組を振返り、今後の方向性を示すことを目的として
「J-PARC MLF 産業利用報告会」を平成29年からこれまでに、4回開催して来ました。
令和4年度からは研究用原子炉JRR-3と共に、「中性子産業利用報告会」をスタートさせます。

日時:(第1日)令和4(2022)年7月14日(木)13:00~16:50(受付:12:00開始予定)
   (第2日)令和4(2022)年7月15日(金) 9:10~17:20(受付: 8:30開始予定)
場所:秋葉原コンベンションホール(秋葉原駅前) http://www.akibahall.jp/
   (講演についてはリモートでの配信も予定しています。ポスターセッションは現地開催のみとなります。)
参加費:無料
参加登録:報告会サイトよりご登録下さい。 
      https://neutron.cross.or.jp/ja/events/220714-15/
意見交換会:7月14日(木)17:05~18:30 無料
(秋葉原コンベンションホール・ホワイエにて)
      
開催趣旨:
 この報告会は産業界の方々からの要望(中性子・ミュオンで何が分かるのか、どう使えるのか知りたい)に応えるために
「中性子・ミュオンで何が見えるか」「何に使えるか」に焦点を絞り、産業界の「見たいもの」とのマッチングを図ることに重点を置きます。
 すなわち、下記の方針に沿って今回のプログラムを編成しました。
①(産業界)利用の現状、施設に何を望むのか、必要な技術とは何かを示す。
②(施設側)施設が提供できる技術とその限界を示す。
③(共同研究グループ)MLF、JRR-3で始動した共同研究の成果を示す。
④カーボンニュートラル、DXなど、社会から求められている課題解決への取り組み、貢献について紹介する

初日の講演終了後には意見交換の場を、また、2日目のポスターセッションと講演終了後には利用相談・個別相談の時間も設ける予定です。多数の皆様のご来場、ご参加をお待ちしております。

主催:J-PARCセンター
   JRR-3
   茨城県
   (一財)総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
   中性子産業利用推進協議会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:(予定)
   (一財)高度情報科学技術研究機構(RIST)、応用物理学会、高分子学会、(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)、    SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)、SPring-8利用推進協議会、繊維学会、電気学会、日本化学会、日本金属学会、
    日本結晶学会、日本ゴム協会、日本材料学会、日本磁気学会、日本生物物理学会、日本接着学会、日本セラミックス協会、    日本蛋白質科学会、日本中間子科学会、日本中性子科学会、日本鉄鋼協会、日本非破壊検査協会、日本放射光学会、
    日本物理学会、日本薬学会、PFユーザーアソシエーション(PF-UA)、
    フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体(FSBL)


プログラム

 

7月14日(木)


開会                  司会:脇本秀一(J-PARCセンター)13:00~13:05 開会挨拶     小林 隆 J-PARCセンター長
13:05~13:10 文部科学省挨拶
13:10~13:15 開催にあたっての注意事項説明              報告会事務局

セッション1 施設報告と産業利用の現状             司会:中島健次(JAEA)
13:15~13:35 J-PARC MLFの現状とJ-JOINの活動       大友季哉(J-PARCセンター)
13:35~13:55 JRR-3における産業利用への期待              武田全康(JAEA)

セッション2 産学連携活動I              司会:野間 敬(CROSS)
13:55~14:15 機能性高分子コンソーシアムの成果(仮)     宮﨑 司(CROSS/京都大学)
14:15~14:35 量子ビーム分析アライアンスの現状と今後の展開について
竹中幹人(京都大学/量子ビーム分析アライアンス代表)

14:35~14:50 休憩

特別講演I  司会:増井友美(住友ゴム工業株式会社)
14:50~15:30 革新的接着技術の構築と中性子への期待        田中敬二(九州大学)
15:30~15:50 接着現象の理解と制御に向けた界面構造解析      川口大輔(九州大学)

セッション3 産学連携活動II(豊田中央研究所-J-PARC MLF連携)
司会:長井康貴(株式会社豊田中央研究所)
15:50~15:55 連携概要  
葛谷孝史(株式会社豊田中央研究所)・大友季哉(J-PARCセンター)
15:55~16:10 高分解能中性子イメージングによるパワーモジュールの内部可視化
                    瀬戸山大吾(株式会社豊田中央研究所)
伊勢川和久(JAEA/株式会社豊田中央研究所)
16:10~16:25 量子ビームによる燃料電池触媒層アイオノマ中のプロトン伝導機構
篠原朗大・原田雅史(株式会社豊田中央研究所)
伊藤 華苗(JAEA)
16:25~16:50 ミュオンと中性子によるリチウムイオン電池の熱安定性に関わる解析技術
梅垣いづみ(KEK)、野崎 洋(株式会社豊田中央研究所)

16:50~17:05 休憩

意見交換会    司会:松江秀明(JAEA)
17:05~17:10 開会挨拶          中村道治 中性子産業利用推進協議会 副会長
17:10~18:25 意見交換会
18:25~18:30 閉会挨拶             柴山充弘 CROSS中性子科学センター長

7月15日(金)


特別講演Ⅱ       司会:安齋英哉(茨城県)
9:10~9:50 SDGsが科学技術に求めるもの
中村道治(中性子産業利用推進協議会 副会長、科学技術振興機構 名誉理事長)

セッション4 カーボンニュートラルに向けた基盤研究
司会:中田 克(東レリサーチセンター)
9:50~10:10 磁場中中性子回折による磁気冷凍材料の磁化過程観測(仮)
北澤英明(NIMS)
10:10~10:30 新規熱制御酸化物材料の探索             島川祐一(京都大学)
10:30~10:50 中性子及びミュオンによるナトリウムイオン電池負極材料の研究
大石一城(CROSS)

10:50~11:00 休憩

セッション5 ライフサイエンス分野における中性子・ミュオンの利用
司会:小島優子(株式会社三菱ケミカル)
11:00~11:20 アカデミア創薬から始まる中性子への期待 + AMED BINDS(Phase2)事業を通じて
上村みどり(CBI研究機構量子構造生命科学研究所)
11:20~11:40 HとDを区別しH/Dの割合を示す中性子タンパク質構造解析から何が分かるか
山田太郎(茨城大学)
11:40~12:00 食品素材の構造解析 -NMRと中性子の協力的活用の試み-
山口秀幸(味の素株式会社)
12:00~12:20 ミュオン回転緩和法(μSR)による酵素反応のプロトン移動の観測
清谷多美子(昭和薬科大学)

12:20~13:20 昼食

ポスターセッション&コーヒーブレーク    司会:鬼柳亮嗣(J-PARCセンター)
13:20~13:25 ポスターセッション説明                    実行委員
13:25~14:30 ポスターコアタイム <J-PARC MLF実験装置、JRR-3実験装置>
       (利用相談、個別相談)

特別講演Ⅲ                  司会:大友季哉(J-PARCセンター)
14:30~15:20 マテリアル分野の研究DXについて
江頭 基(文部科学省研究振興局 参事官ナノテク物質材料担当)

セッション6 中性子・ミュオン施設におけるDXの取り組み
司会:川北至信(J-PARCセンター)
15:20~15:40 J-PARC MLFにおける遠隔化・自動化の取り組み(仮)
稲村泰弘(JAEA/J-PARCセンター)
15:40~16:00 ディープラーニングによる中性子反射率測定の高速化
        青木裕之(J-PARCセンター)
16:00~16:20 宇宙線のミュオンと中性子が引き起こす半導体ソフトエラー
加藤貴志(ソシオネクスト)

閉会         司会:曽山和彦(J-PARCセンター)
16:20~16:25 閉会挨拶            武田全康 JAEA 物質科学研究センター長

利用相談・個別相談
16:25~17:20 利用相談・個別相談


【会場案内】
秋葉原コンベンションホール
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F
アクセス:JR秋葉原駅電気街口から徒歩1分,詳細は下図を参照ください.

周辺マップ                               ダイビルの外観


 

2022年05月20日

7/27 生物・生体材料研究会 合同シンポジウム

CBI研究機構量子構造生命科学研究所 中性子産業利用推進協議会 生物・生体材料研究会 合同シンポジウム
「生体分子の動的挙動解析への挑戦 試料調製から解析まで Ⅲ」 開催案内

開催案内:こちらから     お申込:こちらから


開催日時:2022 年 7 月2 7 日( 水 )13:00~17 :05
開催方法:ZOOM によるオンライン開催 <接続URLは7月22日頃にお知らせする予定です>
参加費:無料

プログラム(敬称略)
13:00-13:05 開会挨拶、開催趣旨説明   CBI 研究機構量子構造生命科学研究所長
                          中性子産業利用推進協議会 生物・生体材料研究会主査 上村みどり

司会 上村みどり
13:05-13:50 「 中性子を使ってみませんか 」 京都大学複合原子力科学研究所 杉山正明教授
13:50-14:35 「 中性子を使ってみませんか? Part 2 」
                          量子化学技術研究開発機構 量子生命科学研究所 玉田太郎上席研究員
14:35-14:45 休憩
14:45-15:15 量子構造生命科学研究所 法人会員ショートプレゼン 
            「桂化学のご紹介」 桂科学 菊田恵美
            「(株)セラバイオファーマと開発候補品 TBP1901 )の紹介」 セラバイオファーマ 勝浦保宏

司会 東京大学大学院 薬学系研究科 竹内 恒教授
15:15-16:00 「 創薬・ものづくりのための核酸構造生物学 」 上智大学理工学部 近藤次郎 准教授
16:00-17:00 「 区分安定同位体標識法の高度化とその蛋白質 NMR への応用 」
                           ETHZürich / ヘルシンキ大学バイオテクノロジー研究所 岩井秀夫
17:00-17:05 おわりに 横浜市立大学 名誉教授/中性子産業利用推進協議会 構造生物学研究会主査 佐藤衛

2022年06月14日

季報「四季」22年夏号

季報「四季」Vol.55

《目次》
・日用品メーカーの研究開発における中性子への期待                      田中 篤史(花王株式会社)
・機能性高分子コンソーシアムの活動と成果  ~調湿環境下で高分子と水が織りなす構造とダイナミクスを中性子で視る~                       宮崎 司(京都大学 産官学連携本部 量子ビーム研究部門、総合科学研究機構(CROSS))
・J-PARC MLF情報
・JRR-3情報
・国際会議報告
・活動報告
・お知らせ

2022年07月28日

8/8~9/8 2022年度 初級者向けZ-Code講習会開催案内(オンデマンド開催)

2022年度 初級者向けZ-Code講習会開催案内(オンデマンド開催)

2022年度の粉末構造解析ソフトウエアZ-Codeの初級者向け講習会を開催します。本年は事前に収録した映像を見て学習いただく、オンデマンド方式での開催です。
中性子回折の基礎講義に加えて、Z-Rietveld、Z-3D、Conographの使い方について講義と実習を通して学びます。Z-Rietveldを用いてマキシマムエントロピー法を用いた解析についてもご紹介します。
J-PARC MLFの粉末回折装置を利用される多くの皆様に是非ご参加いただき、これらの解析ツールを構造解析に活用していただきますようご案内致します。なお、今回はWindows版の実習を行いますが、Mac版(10.14以降)をご利用の方もご参加ください。Windows OSはWindows 8.1,10です(64bit)。尚、映像には2021年度の収録内容を含んでおります。

主催:J-PARCセンターMLFディビジョン
   茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター
   中性子産業利用推進協議会
   総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:茨城県中性子利用研究会

1.開催期間:2022年8月8日(月)~9月8日(木) <講義映像視聴期間>

2.開催方法:事前に収録した先生方の講義の映像を各自で見て学習いただきます。
   ※特設サイトへのURLは参加申込の方に別途お知らせします。

3.参加費:無料。
 ただし、中性子産業利用推進協議会に加入していない民間企業に所属されている方には資料(pdfで配布)代2,000円をご負担いただきます。(申込受付後、下記口座に振り込んでいただきます)。

4.目標:
TOF粉末中性子回折、原子炉中性子回折、実験X線回折、X線と中性子データの同時リートベルト解析を一人で実行できる。制約条件下でのリートベルト解析ができる。構造パラメータやプロファイルパラメータ、補正パラメータ等を理解する。原子間距離・角度等を正しく求める。原子間距離制約条件下でのリートベルト解析ができる。結晶模型を描ける。 MEM解析を行い、結果を表示できる。指数付けや磁気構造の解析法を知る。

プログラム

(1)回折結晶学の基礎(1)
    ~回折原理(逆格子、構造因子、粉末結晶回折、単結晶回折)~ 木村 宏之(東北大学)

(2)回折結晶学の基礎(2)
   ~散乱、中性子の発生、分光器、TOF回折法~ 石垣 徹(茨城大学)

(3)Z-Rietveldを用いた粉末回折データ解析の概要 神山 崇(KEK)

(4)Z-Rietveldのインストールと動作確認 萩原 雅人(JAEA)

(5)回折結晶学の基礎(3) ~対称性・空間群、軸変換~ 木村 宏之(東北大学)

(6)リートベルト解析を始める(Rietveld解析+Z-3D描画) 神山 崇(KEK)

(7)実験室X線回折データからZ-Rietveldで用いる入出力ファイルを作る 石川 喜久(CROSS)

(8)実用材料を例にTOF回折データのリートベルト解析を行う 神山 崇(KEK)

(9)X線及び中性子回折データのリートベルト解析
  (多相解析、マルチヒストグラム・多点測定、制約条件、原子間距離・角度) 神山 崇(KEK)

(10)Conographを用いた指数付けの方法(デモ+活用方法) 富安 亮子(九州大学)

(11)Z-Rietveldを用いた電子密度や中性子散乱長密度の求め方 石川 喜久(CROSS)

(12)Z-Rietveldを用いた有効結晶子サイズや有効歪みの求め方 神山 崇(KEK)

(13)Z-Rietveldを用いた磁気構造解析(デモ+活用方法) 萩原 雅人(JAEA)


【参加申込方法】
下記の申込フォームから8月19日(金)までにお申し込みください:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfcRHFP8-gshk1UZzKkFsIAsvkpsnwxh5ZY2bTaYINiZbcBXA/viewform

※ご入力いただいたメールアドレスに申込確認のメールが自動的に送信されます。返信がご確認できない場合、あるいは、Google Formが利用できない方は、
(1)名前、(2)所属、(3)連絡先(電話番号、Eメールアドレス)
をメール本文に記入して中性子産業利用推進協議会 事務局までお申込み下さい:
Eメール申込先:中性子産業利用推進協議会 事務局  info@j-neutron.com

【テキスト代振込先】
口座番号:常陽銀行 東海支店(普通)1598420
口座名 :中性子産業利用推進協議会
チュウセイシサンギョウリヨウスイシンキョウギカイ

<問合せ先>
ご不明な点がありましたら、下記までE-mailでお問合せください:
(一財)総合科学研究機構中性子科学センター(CROSS) 小室又洋(m_komuro@cross.or.jp)

2022年08月02日

9/14~15 令和4年度 中性子イメージング研究会 開催案内

令和4年度 中性子イメージング研究会 開催案内
「産業界から見た中性子イメージング技術の有効活用」

日時: 2022年9月14日(水)13:30~18:00
        9月15日(木)10:00~16:00
会場: エッサム神田1号館2階多目的ホール(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2)
    + オンライン配信(対面とzoomによるハイブリッド開催となります。)
参加費:無料(事前登録が必要です。詳細は下記【参加申し込み】をご覧下さい。)
主催: J-PARCセンター
    中性子産業利用推進協議会(IUSNA)
   (一財)総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催: 茨城県中性子利用研究会
協賛: J-PARC MLF利用者懇談会

開催趣旨:
 中性子イメージングは、中性子の持つ高い物質透過能力を活用した非破壊での物質内部観察・分析手法として、幅広く利用されている実験技術です。これまでの「中性子ラジオグラフィ」が物質の形状情報を主に与えるのに対して、 近年の中性子線源の大強度化・高性能化、測定・解析技の進歩により、観測対象物質の内部の構成元素の情報、結晶組織の情報の画像化、さらには物質内部の温度や磁場の空間的な分布の画像化も「中性子イメージング」の領域として広がりつつあります。
 本研究会は、中性子イメージングに関連する研究の最新の状況を共有するとともに、さらなる技術開発と応用研究の発展に向けた議論の場を提供することを目的とします。そのため、研究会の前半はJ-PARC の中性子イメージング装置RADENを用いた研究成果について学術利用を中心としてご報告いただき、後半は、中性子イメージングの産業利用に注目し、具体的な応用事例を紹介していただいた上で、産業界から見た中性子イメージング技術の活用方法に関するパネルディスカッションを行います。このディスカッションを通して、より広い産業分野での中性子イメージング技術の活用を目指します。

プログラム(敬称略)

※講演時間は質疑の時間(5分)を含みます

2022年9月14日

  13:30~13:40 開会挨拶、開催趣旨説明                   イメージング研究会幹事 原子力機構 篠原 武尚

施設報告
  13:40~14:00 J-PARCにおける中性子イメージング研究の現状                     原子力機構 篠原 武尚
  14:00~14:20 JRR-3における中性子イメージング研究の現状                     原子力機構 栗田 圭輔
  14:20~14:40 KURにおける中性子イメージング研究の現状                     京大複合研 齊藤 泰司

ユーザー報告
  14:40~15:05 ブラッグエッジイメージングによる銅における粒成長の可視化技術の開発        原子力機構 大場洋次郎
  15:05~15:30 パルス中性子ラジオグラフィによるNASICON型リチウムイオン伝導体LATPの拡散係数測定  京都大 高井 茂臣
  15:30~15:55 ブラッグエッジイメージング法用いた実用鉄鋼材料評価の研究例             原子力機構 蘇 玉華
  15:55~16:10 休憩

中性子を用いた文化財研究
  16:10~16:40 日本刀研究の概要                                  北海道大 鬼柳 善明
  16:40~17:05 中性子CTによる日本刀の非破壊観察                           CROSS 松本 吉弘
  17:05~17:30 ブラッグエッジを用いた日本刀評価                         原子力機構 及川 健一
  17:30~18:00 総合議論・意見交換
  18:00 一日目終了挨拶


2022年9月15日

  10:00〜10:10 二日目開会挨拶、開催趣旨説明       イメージング研究会主査 ヤマハ発動機株式会社 材料技術部 原田 久

産業利用報告
  10:10〜10:35 中性子イメージングによるリチウムイオン電池の熱安定性に関わる解析技術開発
                                             株式会社豊田中央研究所 野崎 洋
  10:35〜11:00 中性子イメージングを用いた玉軸受内グリースの流動性の観察           ENEOS株式会社 酒井 一泉
  11:00〜11:25 ガス流路付きGDL(GDLFC+)を組み込んだPEFC発電中の生成水イメージング  株式会社エノモト 那須 三紀
  11:25〜11:50 放射性廃棄物の埋設処分に用いる砂・ベントナイトの透水可視化        日本原燃株式会社 太田 征志
  11:50〜12:15 討論
  12:15〜13:30 昼食

チュートリアル
  13:30〜13:55 中性子を用いた可視化技術の基礎                            原子力機構 篠原 武尚

基調講演
  13:55〜14:30 成果につなげるための企業とJ-PARCの連携例               株式会社豊田中央研究所 瀬戸山大吾
  14:30〜14:40 休憩

パネルディスカッション
  14:40〜16:00 産業界におけるイメージング技術の活用促進について
  16:00 閉会挨拶

【参加申込み】
参加を希望される方は、下記申込フォームからお申し込みください。定員になり次第、締め切ることがあります。
受付締切:2022年9月5日(月)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc0-UKAjujW-_56E4lZ6M16SnLiRq6QzU6PaCzczTEvo6azuw/viewform
Google Formがご利用できない場合には、(1)お名前、(2)ご所属、(3)連絡先(電話番号,E-mail address)をメール本文にご記入の上、中性子産業利用推進協議会事務局までメールにてお申込みください。
メール申込先 Email : info@j-neutron.com
※ZOOMの接続URLは、受付締切後に参加を申込まれた方にお知らせします。

【問合せ先】
中性子産業利用推進協議会 事務局 : info@j-neutron.com
〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1 いばらき量子ビーム研究センターD201
TEL:029-352-3934 FAX:029-352-3935
※勤務日は火曜日、木曜日のみです。ご注意ください。

2022年08月02日

【締切10/3】 10/7 中性子実験技術基礎講習会(レベル1講習会) 開催案内

2022年度 中性子実験技術基礎講習会(レベル1講習会) 開催案内

 

中性子実験技術の初心者の方を対象に中性子実験技術の基礎的事項を紹介し、中性子実験施設( J-PARC MLF、JRR-3等)での実験計画立案や課題申請に役立てていただくことを目的として、中性子実験技術基礎講習会(レベル1講習会)を開催します 。本年度もZoomによるリモートでの開催となります。 皆様のご参加をお待ちしております。
なお、今回は講習会終了後、復習を行うことができるよう、当日の講師の先生方のご講演を録画し、特設サイトにて期間限定で視聴いただくことができるようにする予定です。

1.開催日時:2022年10 月7日(金)9:35~17:00
2.開催方法:Zoom によるリモート会議 (接続URLは開催直前にお知らせします
3.主催: 日本中性子科学会(JSNS)、中性子産業利用推進協議会(IUSNA)、
     (一財)総合科学研究機構 中性子科学センター (CROSS)
  共催:茨城県中性子利用研究会

4.申込方法:下記の申込フォームからお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfFyZ3suo9ApAwTGifN5wkhY2UauI6na9X7yRp86BLKXaljUQ/viewform
※ご入力いただいたメールアドレスにお申込み確認のメールが自動的に送信されます。
※返信が確認できない場合やGoogle Formにアクセスができない方は、下記、中性子産業利用推進協議会事務局までE-mailにて
お申込みください。

5.申込締切:2022年10月3日(月)
6.参加費:テキスト代 2 ,000 円
      ただし、 日本中性子科学会会員の方、中性子産業利用推進協議会の会員企業の方、学生の方は無料です。
      学生の方は、学生証表裏の画像を申込フォームからアップして下さい 。

      ※参加費(テキスト代)振込先:常陽銀行 東海支店(普通)1598420
       口座名:中性子産業利用推進協議会
           チュウセイシサンギョウリヨウスイシンキョウギカイ

7.プログラム および講師 (敬称略)
9:35~9:40   開講挨拶       丸山 龍治 (JAEA)
9:40~10:10 中性子の基礎     野間 敬  (CROSS)
10:10~10:50 回折(結晶構造)   小野寺 陽平(京都大学)
10:50~11:30 回折(材料工学)   川崎 卓郎 (JAEA)
11:30~12:30 昼食
12:30~13:10 反射率法       阿久津 和宏(CROSS)
13:10~13:50 小角散乱       元川 竜平 (JAEA)
13:50~14:30 イメージング     林田 洋寿 (CROSS)
14:30~14:40 休憩
14:40~15:20 即発ガンマ 線分析  瀬川 麻里子(JAEA)
15:20~16:00 準弾性・非弾性散乱  小田 達郎 (東京大学)
16:00~16:40 中性子の産業利用   三田 一樹 (CROSS)
16:40~16:45 閉講挨拶

<問合せ先>
中性子産業利用推進協議会 (略称 IUSNA)
〒319-1106 茨城県東海村白方162-1 いばらき量子ビーム研究センター D201
TEL:029-352-3934 FAX:029-352-3935(火曜日と木曜日のみ勤務)
E-mail: info@j-neutron.com

2022年09月29日

【締切10/7】 10/17 有機・高分子材料研究会 開催のご案内

有機・高分子材料研究会 開催のご案内
「有機・高分子材料への反射率法の展開(第4回)」


主催:中性子産業利用推進協議会(IUSNA)
   総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:茨城県中性子利用研究会  協賛:J-PARC MLF利用者懇談会

開催趣旨
2021年度から2022年度にかけて、有機・高分子材料研究会ではJRR-3及びJ-PARCを利用した小角散乱法について研究会を開催し、X線と中性子の使い分けなどについて議論してきました。この度は、これまで皆様から頂いたアンケートで要望の多い中性子反射率法についての研究会を催します。X線反射率法はX線小角散乱法と同様に、実験室系装置としても馴染み深いものかと思いますが、今回の研究会では、X線では判別できない「界面の構造解析」に焦点をあてて説明していただきます。

1.日時:2022年10月17日(月)15:10~17:05 <ZOOMによるリモート開催>

2.プログラム:
15:10~15:15 開催趣旨説明 「有機・高分子材料研究会」  主査 大野正司(日産化学)
15:15~16:15 中性子反射率法を用いた界面の構造解析    山田悟史(KEK)
16:15~16:25 (休憩)
16:25~17:05 質疑、議論
17:05     閉会

3.参加費:2,000円(資料代として)
中性子産業利用推進協議会(IUSNA)の会員企業、大学(教員、学生)、研究機関に所属の方は無料です。
これ以外の民間企業の方には資料代を事前に納入いただきます(納入方法は申込方法に記載しています)。

4.申込方法 こちらの申込フォームからお申し込みください

※ご入力いただいたメールアドレスにお申込み確認のメールが自動的に送信されます。
返信が確認できない場合、あるいは、上記申込フォームが利用できない場合には、ご所属、お名前、E-mailアドレス
を本文に記して、中性子産業利用推進協議会までE-mail(アドレスは下記)にてお申込みください。
※テキスト代振込先:常陽銀行 東海支店(普通)1598420 口座名:中性子産業利用推進協議会
チュウセイシサンギョウリヨウスイシンキョウギカイ
(10月20日(木)までにお振込み下さい)

5.申込締切:2022年10月7日(金) ※ZOOMの接続URLは締切日以降に申込の方にご連絡します。

6.アンケートのお願い
 次回開催の参考とするため、本研究会終了後にアンケートをお願いしています。
 ご協力をお願いいたします。

<問合せ先>
中性子産業利用推進協議会(略称:IUSNA)
〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1 いばらき量子ビーム研究センター D201
TEL:029-352-3934 FAX:029-352-3935(火曜日と木曜日のみ勤務)
E-mail: info@j-neutron.com                          以上

2022年10月06日

12/6 合同シンポジウム 「MicroEDの現状と未来」 開催案内

CBI研究機構 量子構造生命科学研究所
中性子産業利用推進協議会 生物・生体材料研究会
合同シンポジウム
「MicroEDの現状と未来」
開催案内


主催:CBI研究機構量子構造生命科学研究所、
   中性子産業利用推進協議会 、
  (一財)総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:茨城県中性子利用研究会
協賛:J-PARC MLF 利用者懇談会

1.開催日時: 2022年12月6日(火)12:55~17:25
2.開催方法: ZOOMによるオンライン開催 <接続URLは12月1日頃にお知らせする予定です>
3.参加費 : 無料

4.開催趣旨:開催趣旨
  Microcrystal electron diffraction(MicroED)は、2013年末にハワードヒューズ医学研究所のジャネリア研究キャンパスでGonen研究室が開発したCryoEM法である。MicroEDは、電子線結晶学の一種で、薄い3次元結晶を用いて電子線回折による構造決定を行うものである。この方法は、その大きさゆえに一般的にX線回折実験に適さないナノ結晶からタンパク質の構造決定を行うために開発された。試料は、他のすべてのCryoEM法と同様に水和冷凍されるが、透過電子顕微鏡(TEM)をイメージングモードで使用する代わりに、極めて低い電子線照射量(通常0.01 e-/Å2/s以下)の回折モードで使用される。ナノ結晶は回折ビームに曝されながら連続的に回転し、回折データは高速カメラで動画として収集される。本シンポジウムはMicroEDの最前線で活躍されている若手研究者に、現状と、将来への展望を様々な技術の併用についてもご講演していただくシンポジウムとしたい。

5.プログラム(敬称略)
12:55-13:00 開会挨拶、開催趣旨説明
            CBI研究機構量子構造生命科学研究所長/中性子産業利用推進協議会 生物・生体材料研究会主査 上村みどり

司会 上村みどり
13:00-13:40 「KEKクライオ電子顕微鏡施設におけるMicroED測定の試み」
            KEK 山田悠介 (講演30分+質疑10分)
13:40-14:20 「MicroEDとSPring-8/SACLAから得られる結晶構造とその利用」
            理研 高場圭章 (講演30分+質疑10分)
14:20-15:10 “Combination of SPA and microED techniques guides the optimization of PROTAC system “
            Biortus Biosciences Co. Dr. Jack Yan (講演25分+質疑5分)
15:10-15:40 “MicroED in Nanoimaging services“
            Nano Imaging Services Dr. Jessica Bruhn(講演25分+質疑5分)
15:40-15:50 Break
15:50-16:30 「溶液散乱とmicro-EDの相補的解析に向けて」
            京大 井上倫太郎 (講演30分+質疑10分)
16:30-17:20「ハイスループット測定による高多重度 MicroED から見えてきたものと今後の課題」
            阪大・蛋白研 中根崇智 (講演40分+質疑10分)
17:20-17:25 おわりに 横浜市大、佐藤衛

6.申込方法: 以下の申込フォームからお申込み下さい。
  https://forms.gle/pYzMPL8AjTw755eu5
 ※ご入力いただいたメールアドレスにお申込み確認のメールが自動的に送信されます。
 返信が確認できない場合、あるいは、上記申込フォームが利用できない場合には、ご所属、お名前、E-mail アドレス を本文に記して、中性子産業利用推進協議会までE-mail(アドレスは下記)でお申込みください。

7.参加申込締切: 2022 年11 月30 日(水)

<問合せ先> 中性子産業利用推進協議会(略称:IUSNA)
 〒319-1106 茨城県東海村白方162-1 いばらき量子ビーム研究センター D201
 TEL:029-352-3934 FAX:029-352-3935(火曜日と木曜日のみ勤務)
 E-mail: info@j-neutron.com

8.Zoom 接続情報
 <接続URL は12 月1 日頃にお知らせする予定です>

9.アンケートのお願い
 次回以降の開催の参考とするため、本研究会終了後にアンケートをお願いしています。
 ご協力をお願いいたします。

2022年11月01日

12/6~ 中級者向けZ-Code講習会 オンデマンド開催のご案内

≪2022年度中級者向けZ-Code講習会開催案内≫

2022年度の粉末構造解析ソフトウエアZ-Codeの中級者向け講習会を開催します。
中級コースは、J-PARC MLFの粉末回折装置を利用して得た回折データの解析経験がある方が対象です。
その経験の下に、実際に測定された各種結晶構造の回折データを用いて少し高度な解析の実習を行います。
多数の皆様のご参加をお待ちしています。
今回も講師の先生方の講義映像を特設サイトに掲載し、それを見て学習するオンデマンド方式にて開催いたします。

開催日時:2022年12月6日(火) ~ 2023年2月28日(火)
<特設サイト開設予定期間。開設期間は申込者に別途ご案内いたします>

開催方法:予め収録した先生方の講義の映像とテキストを特設サイトに掲載します。
参加の方には上記期間内に特設サイトにアクセスしていただき、各先生の講義映像をご覧いただきながら、
自ら実習を行っていただきます。
期間内は繰り返し視聴が可能です。
なお、質問はメールでお受けすることになります。

実習の目標:文献等の構造情報に基づき、構造パラメータを理解しながら、少し高度な構造解析を行うことができるようになることをめざします。

必要機材:Windows PC(Windows8.1、Windows10 64bit)、または Mac PC(macOS 10.14以降)

主催:J-PARCセンターMLFディビジョン、KEK物質構造科学研究所、
   茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター
   中性子産業利用推進協議会
   総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:茨城県中性子利用研究会

参加費[資料代]:2,000円
   中性子産業利用推進協議会以外の民間企業の方のみご負担いただきます。
   大学、学生、公的研究機関、および中性子産業利用推進協議会の会員企業の方は無料

   資料代は申込受付後、指定口座に振り込んでいただきます。
   振込確認後、特設サイトのURL、ID、パスワードをメールにてご連絡します。
  <資料代振込先>:常陽銀行 東海支店(普通)1598420 口座名:中性子産業利用推進協議会
           チュウセイシサンギョウリヨウスイシンキョウギカイ


開催内容(プログラム) [ ]内は学習に必要な時間の目安です。

<講義>
1)回折結晶学の基礎(1) [東北大学・木村宏之 /約90分]
2)回折結晶学の基礎(2) [茨城大学・石垣 徹 /約70分]
3)Conographを用いた指数付け [九州大学・富安亮子/約40分]

<実習>
4)Z-RietveldとZ-3Dを用いた結晶構造解析[KEK・神山 崇/約90分]
  Z-RietveldとZ-3Dを組み合わせた結晶構造解析を学びます。角度分散型とTOF型のプロファイル関数について学びます。
  また、収束させるコツを学びます。

  実習1 実験室X線回折データの解析 LaB6
  実習2 CeO2 iMATERIA BSバンクデータの解析

5)Z-Rietveldの中級者向け実習(1) [KEK・神山 崇/約240分]
  複数相の解析、複数データの同時解析、複雑な制約条件、原子間距離などの不等式制約条件下でのリートベルト解析を学びます。
  Z-Rietveld用のファイル(実験室X線、放射光など)の作り方を学びます。

  実習3 Li(Ni,Co)O2 iMATERIA BSバンクデータの解析
  実習4 TiO2 iMATERIA BSバンクデータの解析
  実習5 Al2O3 iMATERIA BSバンクデータの解析
  実習6 LiCoO2 原子炉角度分散型データの解析
  実習7 LiCoO2 実験室XRDデータの解析
  実習8 マルチヒストグラム解析。中性子回折&XRDデータの同時解析
  実習9 CeO2 放射光X線回折データの解析
  実習10 連続多点データの自動解析
  実習11 角度分散型中性子回折データの解析 Rb4Cu16I7.2Cl12.8

6)Z-Rietveldの中級者向け実習(2) [CROSS・石川喜久/約120分]
  Z-RietveldからZ-MEMへのスムーズな流れを実習します。

  実習12 BaTiO3のXRDと中性子データの違いを見る。

7)Z-Rietveldの中級者向け実習(3) [JAEA・萩原雅人/約120分]
  磁気構造をプロパゲーションベクトルを用いて解析する方法を学びます。

  実習14:MnF2、Co2(OD)3Br、ErF3 整合・非整合磁気構造の解析例

8)Z-Rietveldの中級者向け実習(4) [KEK・神山 崇/約10分]
  有効歪みや有効結晶子サイズの計算方法を学びます。

9)Z-Rietveldの中級者向け実習(5) [KEK・神山 崇/約10分]
  リートベルト解析が上手くできなかった時の対処法のいくつかを、エラーを再現させ、
  ログに記載されているエラーメッセージを読み取りながら学びます。

  実習13 TOFプロファイル関数

10)Z-Rietveldの中級者向け実習(6) [KEK・神山 崇/約40分]
  ローカルパラメータの利用とポーリー法について学びます。
  入出力ファイルの中身と利用方法を学びます。


【参加申込方法】
下記の申込フォームからお申し込みください。
特設サイト掲載期間中は受け付けます:https://forms.gle/XctEQBcP4y5muED89

ご入力いただいたメールアドレスにお申込み確認のメールが自動的に送信されます。
返信がご確認いただけない場合、このフォームが利用できない場合には、E-メールにて下記へお申込みください。
E-メール申込先:中性子産業利用推進協議会 事務局 綿引美知枝
E-mail: info@j-neutron.com
本文に(1)お名前、(2)ご所属、(3)連絡先(電話番号、E-mail address)
をご記入の上、E-メールにて特設サイト終了前までにお申込みください。

【アンケートのお願い】
参加の皆様には、次回開催の参考とするため、アンケートへの回答をお願いいたします。
Google Form:https://forms.gle/DZiK13fhYTYRyH7d7
参加の皆様には2月末に改めてご案内させていただきます。ご協力宜しくお願い致します。

<問合せ先> ご不明な点は下記までお問合せください:
総合科学研究機構中性子科学センター(CROSS) 小室又洋(m_komuro@cross.or.jp)

【ご参考】Z-Code web pageのご案内
新しいZ-Code Webページの運用を開始しました。
ソフトウエアやマニュアルなどを置いております。
一度おいでください。:https://z-code-software.com

以上

2022年12月01日