↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

                                 2016年11月1日
                                  理化学研究所
                                  土木研究所
                                  科学技術振興機構

       中性子によるコンクリート内損傷の透視
    -非破壊検査法でインフラ利用者の安全を守る-

理化学研究所(理研)光量子工学研究領域中性子ビーム技術開発チームの大竹淑恵チームリーダー、土木研究所構造物メンテナンス研究センターの石田雅博上席研究員らの共同研究チームは「理研小型中性子源システムRANS」を用いて、コンクリート内の空隙および水に対する反射中性子(後方散乱中性子)を利用する非破壊検査法を開発しました。

実証実験では厚さ方向に中性子を入射し内部構造を計測しました。その結果最大で30cm奥にある水に見立てたアクリルブロックや空洞の位置を二次元分布で特定しインフラ構造物の非破壊検査法として適用できることを実証しました。

今後、インフラ構造物付近へ持ち込み可能な「可搬型加速器中性子源」の開発とともに、測定時間短縮のための検出器改良や計測の最適化を行いコンクリート内劣化損傷の検出能力の向上を目指します。

詳細については下記のURLをご参照ください。
  http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161101_2/