↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成26年度第1回生物構造学研究会を「量子構造生物学と中性子結晶構造解析」をテーマに開催することになりましたのでご案内致します.
多くの皆様のご参加をお願い致します.
              


       
平成26年度第1回生物構造学研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
   茨城県中性子利用促進研究会
   (一財)総合科学研究機構(CROSS東海)
   J-PARC/MLF利用者懇談会
共催:日本学術振興会 第169委員会 中性子回折小委員会
   新世代研究所 水和ナノ構造研究会
開催日時:平成26年10月3日(金)13:00~17:00
場所:エッサム神田ホール401会議室
   〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
   TEL:03-3254-8787
   http://www.essam.co.jp/hall/access/index.html

参加費:
参加費は無料ですが,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

協議会参加企業・団体
   http://www.j-neutron.com/participation/

テーマ:量子構造生物学と中性子結晶構造解析

趣旨:量子構造生物学における中性子結晶構造解析の役割を議論する.

プログラム
13:00 開会挨拶       研究会主査 佐藤 衛(横浜市立大学)
13:05 茨城県生命物質構造解析装置iBIXの現状
                         日下勝弘(茨城大学)
茨城県生命物質構造解析装置iBIXは,生体高分子および有機化合物を主な測定対象とするTOF型中性子単結晶回折装置である.平成24年度に検出器高度化を行い,本格的なタンパク質試料の測定が可能となった.平成25年度からはソフトウェアを始めとしてユーザーフレンドリーな装置とするための改良や試料周辺環境装置の整備を進めている.また,より分子量の大きなタンパク質に対応するための精度向上にも取り組んでいる.これらの結果,装置グループやユーザーにより中性子の特徴を生かした興味深い結果も得られている.本講演ではiBIXの現状や高度化後のタンパク質の測定例を報告する.

13:35 タンパク質結晶学における量子ビームの連携利用と量子構造生物学
                         三木邦夫(京都大学)
放射光利用の高度化によって,超高分解能,高精度でタンパク質結晶構造解析が可能になり,タンパク質が携わる化学反応の理解に直結する水素原子や外殻電子に関する情報が得られるようになりつつある.このような状況に相まって,高精度の水素原子情報が得られる中性子結晶解析の連携利用が注目されている.さらに,従来は得られなかったこれらの情報から,タンパク質の機能を直接論ずる「量子構造生物学」という新しい学問領域の創成に期待が寄せられている.

14:15 蛋白質の精密X線結晶構造解析
                         中川敦史(大阪大学)
近年の蛋白質結晶学の進歩は著しく,Protein Data Bankへの登録数も毎年指数関数的に増えている.X線結晶構造解析は,分子の大きさに関係なく精度の高い構造解析を行うことができる点でもっとも優れた構造解析法の一つである.特に,蛋白質が生体内で働く時には,水和水や水素原子などが重要な役割を果たしており,それらの構造も含めた詳細な原子間相互作用を理解することは重要である.本講演では,X線回折法による精密構造解析のための方法論から応用例までを紹介する.

14:45~15:00 休憩

15:00 蛋白質の安定同位体標識技術 - セグメントラベル法による重水素化 -
                         児嶋長次郎(大阪大学)
蛋白質のNMRでは,約25年前に安定同位体(13C/15N)標識技術が開発されたことで劇的な技術的進展がもたらされた.その後もNMR研究者は安定同位体標識技術の開発を継続的に進めており,現在では極めて多種多様な技術的バリエーションが存在する.本講演では,安定同位体標識法の概略と,我々が開発を進めている最新技術,特に中性子解析でも利用されている重水素標識の最新技術を中心に紹介する.

15:40 NMRとSANSによる生命分子のダイナミクス研究
                   加藤晃一(岡崎統合バイオサイエンスセンター)
様々な時空間スケールにおける生命分子集団の動的挙動のミクロ‐マクロ相関を探査する上では核磁気共鳴(NMR)と中性子小角散乱(SANS)は有用な研究ツールとなる。本講演では、糖鎖、多ドメインタンパク質、アミロイド形成タンパク質、タンパク質複合体を対象にした安定同位体標識利用NMR法の応用研究例を紹介するとともに、生命分子システムの動的秩序形成の仕組みを探求する上でSANSとNMRが果たし得る相補的役割について述べる。

16:20 概日時計システム研究におけるbioSANSへの期待と展望
                         秋山修志(分子科学研究所)
まだ大気が還元的であった太古の地球で,シアノバクテリアは効率良く光合成を行うために概日時計(時間を計るシステム)を獲得した.その方法はとてもユニークで,地球の自転周期をわずか3種のタンパク質からなる分子時計システムの内に取り込んでいる.本講演では,それぞれのタンパク質分子に関する要素還元的な研究,また分子間相互作用に関する研究について紹介しつつ,多重の階層構造を有する生体分子システム研究におけるbioSANSへの期待と展望について考えてみたい.

※以上の内容はこちらからダウンロードできます
   量子構造生物学と中性子結晶構造解析

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は3,000円です.施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加希望者は事前に登録してください.
参加費は当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には,参加費をいただきます.

〈参加申込み〉
申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 桐原由美子
E-mail: info@j-neutron.com
(1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
(4)交流会への参加の有無
をご記入の上,メールにてお申込みください.

〈会場へのアクセス〉
研究会:>エッサム神田ホール
所在地:〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
      TEL:03-3254-8787
      JR神田駅北口徒歩1分
      東京メトロ銀座線神田駅3出口前

交流会:ワインホール130
      東京都千代田区内神田3-18-8 ナルミビル4F
      TEL: 03-5295-2525
      JR神田駅 北口 徒歩1分
      地下鉄銀座線神田駅 徒歩1分
      神田駅から64m