↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度第1回構造生物学研究会を

    「新世代中性子構造生物学の目指すもの」

をテーマに9月21日(金)PMにエッサム神田ホール2号館501会議室において
開催致します.
講演概要を含む詳細案内(暫定版)が纏まりましたのでご案内致します.
下記資料をご参照ください.

   平成30年度第1回構造生物学研究会

構造生物学に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
 参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
 をご記入の上,メールにてお申込みください.


                 記

       平成30年度第1回構造生物学研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
    日本学術振興会 第1中性子・放射光連携小委員会
    新世代研究所 水和ナノ構造研究会
協賛:総合科学研究機構中性子科学センター
日時:平成30年9月21日(金)13:00~17:00 (12:40開場)
場所:エッサム神田ホール2号館501会議室
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2 TEL 03-3254-8787
http://www.essam.co.jp/hall/access/#building-2

プログラム
13:00 開会挨拶   研究会主査 佐藤 衛(横浜市立大学)
<施設の概況>
13:05-13:30 iBIXの現状と将来計画
         日下勝弘(茨城大学)
<チュートリアル>
13:30-14:10 ゲノムの安定性に関わる酵素の機能解明と中性子構造解析の展望
         山縣ゆり子(熊本大学)
<構造生物学>
14:10-14:40 中性子回折によるアミド基転移酵素GatCABの
        アンモニア輸送機構解明
        姚 閔(北海道大学)
14:40-15:10 味覚受容体による味物質応答の相関構造解析
         山下敦子(岡山大学)

15:10~15:20 休 憩

<創薬における量子ビームの利用>
15:20-15:50 生命機能に迫る相関構造解析
         山本雅貴(理研)
15:50-16:20 蛋白質のX線結晶構造解析によるフラグメントスクリーニング
         宮口郁子(田辺三菱製薬)
16:20-16:50 X線結晶構造解析による水素分解酵素[NiFe]ヒドロゲナーゼの
        酸素耐性機構の解明
          庄村康人(茨城大学)
16:50-16:55 閉会挨拶   今野美智子(茨城県)
16:55-17:00 お知らせ   林 眞琴(CROSS)

交流会:17:20~19:20 @ ワインホール130
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子産業
利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日いただきます.
なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.