中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

アクセスカウンター
HOME  >  

研究会

       平成30年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会
     微細構造プラットフォーム第4回放射光利用研究セミナー

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会を

     各種計測手法によるひずみと残留応力の計測

をテーマとして3月19日(火)に開催致します.開催日まであと3週間となりました
ので最終案内致します.


ひずみや残留応力の測定に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.
詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

   平成30年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会

<参加申込み先>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

開催日時:平成31年3月19日(火)10:00~17:00
場所:研究社英語センター大会議室
  〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 TEL 03-3269-4331
  http://www.kenkyusha.co.jp/modules/11_meetingroom/index.php?content_id=1

                 記

    平成30年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会
   微細構造プラットフォーム第4回放射光利用研究セミナー

主催:中性子産業利用推進協議会,茨城県中性子利用研究会
    SPring-8ユーザー協同体,JAEA微細構造解析プラットフォーム
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(結晶解析・pdf解析分科会)
協賛:総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
    QST微細構造解析プラットフォーム
    日本材料学会X線材料強度部門委員会
    J-PARCセンター

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶   研究会主査 秋庭義明(横浜国立大学)

<施設の概況>
10:05-10:30 J-PARC MLFの現状と産業利用
               林 眞琴(CROSS)

<チュートリアル>
10:25-11:15 √area法による微小欠陥材の疲労強度評価と品質管理への応用
               村上敬宜(九州大学)

11:15-12:00 DHD法,iDHD法およびContour法による残留応力測定
               三上隆男(IHI検査計測)

12:00~13:00 昼 食

<応力計測法>
13:00-13:20 電磁超音波共鳴による非接触応力評価
               荻 博次(大阪大学)

13:20-13:40 DIC計測システムVIC-3Dを使った残留応力測定について
               杉原裕雄(レーザー計測)

13:40-14:00 ひずみゲージ法による残留応力測定
               渡辺智美(東京測器)

14:00-14:20 耐熱FBGセンサによるNa循環ループ建設溶接ひずみの緩和現象の
        発見
         -日本初カルノーバッテリーシステムへの適用について-
               西村昭彦(JAEA)

14:20-14:40 半導体ひずみセンサー「STREAL」
               岡田亮二(ルネサスイーストン)

14:40-15:00 一体型SOIピクセル検出器による残留応力分布の超高速測定技術
               佐々木敏彦(金沢大学)

15:00~15:10 休 憩

<表面改質>
15:10-15:35 フェムト秒レーザによるドライレーザピーニングとそのメカニズム
               佐野智一(大阪大学)

15:35-16:00 ショットピーニング面における残留応力深さ分布の非破壊推定法
               岡野俊之(オカノブラスト)

16:00-16:25 コールドスプレー法を用いた超高強度鋼溶接継手部の疲労強度の
         改善
               小川和洋(東北大学)

16:25-16:55 中性子とX線回折によるSiC粒子強化アルミニウム合金の材料特性
         評価
               秋庭義明(横浜国立大学)

16:55-17:00 閉会挨拶とお知らせ  峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
近くの地ビールダイニング「ラ・カシェット」で交流会を開催します.参加費は2,000円です.施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換の場になります.是非ご参加ください.詳細は文末をご参照ください.参加希望者は事前に登録してください.当日も受け付けます.会費は当日受け付けます.なお,事前に登録されて当日キャンセルされた場合には会費を申し受けます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度金属組織研究会を

   中性子散乱でナノ構造を観る ~ 共同実験への誘い ~

をテーマとして,東京神田のエッサム神田ホールにおいて2月22日(金)に開催することはご承知のことと存じます.
開催まで2週間を切りましたので最終案内させていただきます.詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

    平成30年度金属組織研究会    

小角散乱による金属組織におけるナノ構造観察に関心をお持ちの皆さまの参加をお願い致します.

<参加申込み>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

                   記

         平成30年度金属組織研究会

日時:平成31年2月22日(金) 13:00-17:00(開場12:40)
場所:エッサム神田ホール2F多目的ホール
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL: 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:J-PARCセンター

プログラム:
13:00-13:05 開会挨拶   研究会主査 大沼正人(北海道大学)

<装置>
13:05-13:20 MLFの現状と中性子産業利用の現状
               富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
13:20-14:00 小角散乱の基礎
               大沼正人(北海道大学)

14:00-14:40 最新の中性子散乱
               大場洋次郎(JAEA)

14:40~14:50 休憩

<中性子共同実験への誘い>
14:50-15:25 超強力アルミニウム合金の開発に必要な組織制御技術
                倉本 繁(茨城大学)

15:25-16:00 大入熱鋼板HAZ組織微細化へのオキサイドメタラジー適用と
        介在物分析における中性子利用への期待
               山下孝子(JFEスチール)

16:00-16:35 有機・無機被覆鋼板の概要
               藤井隆志(新日鐵住金)

16:35-16:55 総合討論  <司会>大沼正人(北海道大学)

16:55-17:00 閉会挨拶とお知らせ    峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20-19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子
産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっく
ばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は
当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただ
きます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度液体・非晶質研究会を

     全散乱測定におけるS(q)導出の実際

をテーマとして3月11日に2018年度量子ビームサインスフェスタのプレミーティング
のかたちでつくば国際会議場にて開催致します.

詳細案内が未完成ですが纏まりましたので改めてご案内致します.
詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

   平成30年度液体・非晶質研究会


全散乱測定におけるS(q)導出に関心をお持ちの皆さまのご参加をお願い致します.
なお,当日はS(q)導出の実習を行いますのでPCをご持参ください.

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1) 名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


                  記

          平成30年度液体・非晶質研究会

日時:2019年3月11日(月)10:00~17:35
場所:つくば国際会議場「エポカル」2F201B会議室
   https://www.epochal.or.jp/
主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:総合科学研究機構中性子科学センター
   J-PARCセンター

プログラム:
10:00-10:05 開会挨拶  研究会主査 山口敏男(福岡大学)

<チュートリアル>
10:05-11:00 全散乱測定におけるS(q)解析(SiO2と水(D2O,H2O))
               大友季哉(KEK)

11:00-12:00 S(q)導出の実習
               大友季哉,池田一貴(KEK)

12:00~13:00 昼 食

<J-PARC MLFの装置>
13:00-13:40 BL11「PLANET」の現状と利用成果
               服部高典(J-PARC)

13:40-14:20 中性子準弾性散乱・非弾性散乱分光器DNAの現状と将来計画
               川北至信(J-PARC)

14:20~14:30 休 憩

<研究成果>
14:30-15:00 中性子およびX線回折による液体水の構造解析
               亀田恭男(山形大学)

15:00-15:30 燃料電池内の生成水分布解析(仮題)
               長井康貴(豊田中研)

15:30-16:00 液体の構造緩和と粘弾性
               山口 毅(名古屋大学)

16:00-16:30 メソポーラスシリカ内のグリシン水溶液のダイナミクス
               吉田亨次(福岡大学)

16:30-17:00 イオン液体中に閉じ込められた水のナノ構造とダイナミクス
               阿部 洋(防衛大)

17:00-17:30 リン脂質二分子膜中の水のダイナミクス
               山田 武(CROSS)

17:30-17:35 閉会挨拶 峯村哲郎(茨城県)

<交流会>18:00~20:00
つくば駅近くの「北海道直送魚鮮水産 BiViつくば店(https://r.gnavi.co.jp/152hcshj0000/)」
で交流会を開催します.参加費は中性子産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度金属組織研究会を

   中性子散乱でナノ構造を観る ~ 共同実験への誘い ~

をテーマとして,東京神田のエッサム神田ホールにおいて2月22日(金)に開催
します.
詳細案内が纏まりましたので改めてご案内致します.詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

    平成30年度金属組織研究会    

小角散乱による金属組織におけるナノ構造観察に関心をお持ちの皆さまの参加をお願い致します.

<参加申込み>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

                   記

         平成30年度金属組織研究会

日時:平成31年2月22日(金) 13:00-17:00(開場12:40)
場所:エッサム神田ホール2F多目的ホール
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL: 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:J-PARCセンター

プログラム:
13:00-13:05 開会挨拶   研究会主査 大沼正人(北海道大学)

<装置>
13:05-13:20 MLFの現状と中性子産業利用の現状
               富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
13:20-14:00 小角散乱の基礎
               大沼正人(北海道大学)

14:00-14:40 最新の中性子散乱
               大場洋次郎(JAEA)

14:40~14:50 休憩

<中性子共同実験への誘い>
14:50-15:25 超強力アルミニウム合金の開発に必要な組織制御技術
                倉本 繁(茨城大学)

15:25-16:00 大入熱鋼板HAZ組織微細化へのオキサイドメタラジー適用と
        介在物分析における中性子利用への期待
               山下孝子(JFEスチール)

16:00-16:35 有機・無機被覆鋼板の概要
               藤井隆志(新日鐵住金)

16:35-16:55 総合討論  <司会>大沼正人(北海道大学)

16:55-17:00 閉会挨拶とお知らせ    峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20-19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子
産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっく
ばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は
当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただ
きます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成30年度電池材料研究会を

二次電池における電極材料研究と実電池オペランド計測の最新成果

をテーマとして1月15日(火)に東京飯田橋の研究社英語センター大会議室に
おいて開催します.開催日まで3週間余りとなりましたので最終案内致します.

二次電池材料の開発ならびにオペランド計測技術に関心をお持ちの
皆さまの参加をお願い致します.なお,講師のうち2名の方が病気療養中のため
代わりの方に別内容にて講演していただくことになりましたのでご留意ください.
研究会の詳細については下記の資料をご参照ください.

    平成30年度電池材料研究会

<参加申込み先>
 参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
 をご記入の上,メールにてお申込みください.

                 記

           平成30年度電池材料研究会

開催日:平成31年1月15日(火)10:00~17:05
場所:東京 飯田橋 研究社英語センター大会議室
    〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 TEL 03-3269-4331
http://www.kenkyusha.co.jp/modules/11_meetingroom/index.php?content_id=1

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用研究会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(結晶解析・pdf解析分科会)
協賛:総合科学研究機構中性子科学センター
    J-PARCセンター

プログラム
司会:研究会幹事 神山 崇(KEK)
10:00 開会挨拶   研究会主査 菅野了次(東京工業大学)

<電極材料研究>
10:05-10:35 水素化物系イオン伝導体の開発
                高村 仁(東北大学)

11:35-11:05 中性子・放射光による蓄電池炭素負極の構造相転移解析
                高木繁治(京都大学)

11:05-11:35 ガーネット型固体電解質材料
                秋本順二(産総研)

11:35-12:05 フッ化物イオン電池用固体電解質の結晶構造とイオン伝導経路
                藤崎布美佳(京都大学)
12:05~13:00 昼 食


<チュートリアル>

13:00-13:40 CConographを用いたab-initio indexing
                富安亮子(山形大学)

<基調講演>
13:40-14:40 電池材料と電池反応
                菅野了次(東京工業大学)

14:40~15:00 休 憩

<実電池のオペランド計測>

15:00-15:30 リチウムイオン実電池内部の温度・応力のオペランド計測
                平野辰巳(京都大学)

15:30-16:00 「iMATERIA」におけるLiイオン電池のオペランド計測(仮題)
                 石垣 徹(茨城大学)

16:00-16:30 オペランド中性子回折測定による蓄電池反応解析
                田港 聡(三重大学)

16:30-17:00 中性子イメージングによる角型リチウムイオン電池充電量の
         空間分布の可視化
                甲斐哲也(J-PARC)

17:00-17:05 閉会挨拶とお知らせ  峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:30~19:30
近くの地ビールダイニング「ラ・カシェット」で交流会を開催します.
参加費は2,000円です.施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換
の場になります.是非ご参加ください.参加希望者は事前に登録して
ください.当日も受け付けます.会費は当日受け付けます.なお,
事前に登録されて当日キャンセルされた場合には会費を申し受けます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度薄膜・界面研究会を

     「中性子反射率法の最新情報と将来計画」

をテーマとして1月30日(水)-31日(木)にエッサム神田ホール301会議室において
開催致します.講演概要を含む詳細案内が纏まりましたので,改めてご案内
致します.薄膜・界面の構造解析に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちして
います.詳細につきましては下記資料をご参照ください.

      平成30年度薄膜・界面研究会

<参加申込み先>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

                    記

            平成30年度薄膜・界面研究会

日時:平成31年1月30日(水)13:00(開場12:40)~31日(木)-14:50
場所:エッサム神田ホール301会議室
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/access/

主催:中性子産業利用推進協議会
     茨城県中性子利用研究会
     総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(ソフトマター・反応分科会)
協賛:J-PARCセンター

プログラム:
1月30日(水)13:00~17:00(開場12:40)
13:00-13:05 開会挨拶   田中敬二主査(九州大学)

13:05-13:25 中性子の産業利用の現状
              富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
13:25-14:15 中性子反射率の基礎
              青木 裕之(J-PARC)

<論文紹介>
14:15-14:45 中性子を使った薄膜・界面研究の新しい話題
              犬束 学(神奈川大学)
14:45~15:00  休 憩

<装置紹介>
15:00-15:30 BL16「SOFIA」の現状と産業利用
             根本 文也(KEK)

15:30-16:00 BL17「SHARAKU」の現状と産業利用
             阿久津 和宏(CROSS)

16:00-16:30 J-PARC MLF BL06(VIN ROSE)と偏極中性子反射率法
             日野正裕(京都大学)

16:30-17:00 重水素化ラボの整備状況
             青木 裕之(J-PARC)

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子産業
利用推進協議会とMLF利用者懇談会からの補助があり2,000円です.講演者と
参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.
参加費は当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費を
いただきます.

1月31日(木)9:30~14:50
<中性子利用>
9:30-10:00 Liイオン電池の電解質界面のオペランド計測
            川浦宏之(豊田中研)

10:00-10:30 イオン液体中の電気二重層の構造解析
            田村 和久(JAEA),阿久津和宏(CROSS)

10:30-11:00 JRR-3の運転再開に向けた現状と中性子反射率計の今後
            武田全康(JAEA)

11:00-11:30 海外実験施設のトピックス
            堀耕一郎(住友ゴム/J-PARC)

11:30-12:00 高分子積層膜の中性子反射率測定
            大野正司(日産化学)

12:00~13:00 昼 食

13:00-13:30 調湿研究会の現状と今後
            宮﨑 司(CROSS)

13:30-14:00 中性子反射率による摩擦と潤滑の研究
            瀬戸秀紀(KEK)
<長期課題>
14:00-14:40 長期課題報告
        総括  田中敬二(九州大学)
            

14:40-14:50 閉会挨拶&お知らせ  峯村哲郎(茨城県)

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度金属組織研究会を

   中性子散乱でナノ構造を観る ~ 共同実験への誘い ~

をテーマとして,東京神田のエッサム神田ホールにおいて2月22日(金)に開催することになりましたのでご案内致します.詳細につきましては下記の資料をご参照ください.
      平成30年度金属組織研究会

小角散乱による金属組織におけるナノ構造観察に関心をお持ちの皆さまの参加をお願い致します.

<参加申込み>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


日時:平成31年2月22日(金) 13:00-17:00(開場12:40)
場所:エッサム神田ホール1号館 2F多目的ホール
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL: 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会

プログラム:
13:00-13:05 開会挨拶   研究会主査 大沼正人(北海道大学)

<装置>
13:05-13:20 MLFの現状と中性子産業利用の現状
               富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
13:20-14:00 小角散乱の基礎
               大沼正人(北海道大学)

14:00-14:40 最新の中性子散乱
               大場洋次郎(JAEA)

14:40~14:50 休憩

<中性子共同実験への誘い>
14:50-15:25 Al-Mg-Si合金(未定)
               講演者(調整中)

15:25-16:00 大入熱鋼板HAZ組織微細化へのオキサイドメタラジー適用と
        介在物分析における中性子利用への期待
               山下孝子(JFEスチール)

16:00-16:35 有機・無機被覆鋼板の概要
               藤井隆志(新日鐵住金)

16:35-16:55 総合討論  <司会>大沼正人(北海道大学)

16:55-17:00 閉会挨拶とお知らせ    峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20-19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子
産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっく
ばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は
当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただ
きます.