↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

HOME  >  

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成30年度磁性材料研究会を

        磁気センサ・メモリの新展開

をテーマとして11月9日(金)に東京神田のエッサム神田ホール2号館601会議室
において開催致します.講演概要を含む詳細案内がほぼ纏まりましたので改めて
ご案内致します.詳細案内につきましては下記の資料をご参照ください.

     平成30年度磁性材料研究会

多くの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

                   記

           平成30年度磁性材料研究会

日時:平成30年11月9日(金)10:10-16:55
場所:エッサム神田ホール2号館601会議室
     〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-24-5
     TEL: 03-3254-8787
      http://www.essam.co.jp/hall/access/#building-2

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用研究会
    総合科学研究機構中性子科学センター
協賛:J-PARC MLF 利用者懇談会(磁性・強相関分科会)

プログラム
10:10-10:15 開会挨拶   研究会主査 北澤英明(NIMS)

<チュートリアル>
10:15-11:10 磁性・スピントロニクス研究の量子ビームへの期待
               宝野和博(NIMS)

<スピントロニクス>
11:10-11:40 スピントロニクス技術を用いた生体磁気センサ
               安藤康夫(東北大学)

11:40-12:10 アモルファス基板上に作製したMgAl2O4障壁を持つ格子整合
       トンネル磁気抵抗素子
               介川裕章(NIMS)

12:10~13:00 昼 食

<スキルミオン>
13:00-13:30 中性子散乱による磁気スキルミオンの外場応答の観測
        - 一軸応力による相安定性の制御と急加熱・急冷条件下での
          相転移キネティクス -
                中島多朗(理研)

13:30-14:00共鳴軟X線散乱による磁気スキルミオンの外場制御と実空間観測
                山崎 裕一(NIMS)

14:00-14:40 中性子散乱によって見えた電子スピンのゆらぎと電子軌道の結合
                有馬孝尚(東京大学)
14:40~14:50 休 憩

<磁気センサ>
14:50-15:40 NVセンサの現状と将来展開(仮題)
                 波多野睦子(東京工業大学)

15:40-16:10 量子センシングデバイスを目指したダイヤモンド結晶成長
                 寺地徳之(NIMS)

14:10-16:50 反転対称性の破れた磁性体におけるマグノンの非相反性
                 佐藤 卓(東北大学)

16:50-16:55 閉会挨拶&お知らせ   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度物質科学研究会を

     熱電材料開発の最前線と中性子回折の応用

をテーマに12月14日(金)に東京神田のエッサム神田ホールにて開催する
ことになりました.詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

     平成30年度物質科学研究会

熱電変換材料に関して,最前線の研究開発動向から,熱電変換を効率的
に行う材料構造の解明に至るまで幅広く議論します.熱電材料に関心を
お持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1) 名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


                   記

          平成30年度物質科学研究会

日時:平成30年12月14日(金)10:00-17:00
場所:エッサム神田ホール1号館401会議室(予定)
 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2 TEL 03-3254-8787
 http://www.essam.co.jp/hall/kaijo/index.html
主催:中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用研究会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(結晶解析・pdf解析分科会)
協賛:総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進協議会の会員企業の皆さまと大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶   主査 大山研司(茨城大学)

<チュートリアル>
10:05-11:00 高効率熱電変換材料の研究動向―材料中の構造に着目して
               池田輝之(茨城大学)

11:00-11:55 中性子では何がみえるのか? ― 材料研究の視点から ―
               大山研司(茨城大学)

11:55~13:00 昼 食

<構造解析>
13:00-13:30 層状結晶化合物セレン化クロム銀(AgCrSe2)における熱電変換
       メカニズム
               川北至信(J-PARC)

13:30-14:00 欠陥制御によるハーフホイスラー熱電材料の高性能化検討(調整中)
                間 広文(豊田中研)

14:00-14:30 熱電における変換効率の向上と資源制約からの脱却:
        ナノ構造化と熱電硫化物
                太田道広(産総研)

<熱電素子>
14:30-15:00 NIMSにおけるユビキタス系熱電素子の開発:現状とこれから
                高際良樹(NIMS)
15:00~15:20 休 憩

<ラットリング>
15:20-15:50 熱電材料におけるカゴを持たないラットリングのダイナミクス
                李哲虎(産総研)

<ナノワイヤ>
15:50-16:20 熱電変換材料のナノワイヤー化で性能が上がるのか
                長谷川靖洋(埼玉大学)

<フォノン>
16:20-16:50 フォノンエンジニアリングと中性子散乱実験への期待
                塩見淳一郎(東京大学)

16:50-17:00 閉会挨拶とお知らせ   峯村哲郎(茨城県)


交流会:
17:20~19:20 @ ワインホール130
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は
中性子産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者
のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.
参加費は当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には
参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度ソフトマター中性子散乱
研究会を

     「製品そのもの」を評価する新しい散乱法を目指して

をテーマに12月25日(火)にエッサム神田ホールにおいて開催することに
なりましたのでご案内致します.詳細につきましては下記の資料をご参照
ください.
   平成30年度ソフトマター中性子散乱研究会

高分子材料の中性子散乱に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上、メールにてお申込みください。

                 記

     平成30年度ソフトマター中性子散乱研究会

開催日:平成30年12月25日(火) 11:00-17:05
場所:エッサム神田ホール401会議室
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/access/
主催:中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用研究会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター

参加費:
参加費は無料ですが,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業
利用推進協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方
は事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
11:00~11:10 開会挨拶・研究会趣意説明  
               研究会主査 小泉 智(茨城大学)

<新しい計測技術>
・動的核スピン偏極法の開発
11:10-11:35 DNP用7T超伝導マグネットの成果と今後の計画
                能田洋平(茨城大学)

11:35-12:00 DNPのゴム材料への適用
                増井友美(住友ゴム)

12:00~13:00 昼 食

・小型中性子源の開発
13:00-13:40 小型中性子源RANSと高速中性子反射イメージング法の開発
                大竹淑恵(理研)

13:40-14:10 小型中性子源RANSの小角散乱装置(ib-SAS)の利用開始
                小泉 智(茨城大学、理研客員研究員)
14:10~14:20 休 憩

・反射・斜入射法の最新技術
14:20-14:50 軟X線斜入射散乱法による基板材料の開発
                山本勝宏(名古屋工業大学)

14:50-15:10 バルクフィルムを対象にした立体小角散乱と時分割臨界反射法
         の開発
                上田 悟(茨城大学)

15:10-15:30 ブロック共重合体粘着剤と被着体界面の構造解析
                宮﨑 司(CROSS)

15:30~15:40 休 憩

<新しい計測対象>
15:40-16:10 香粧品における泡の価値と科学
                坂井隆也(花王)

16:10-16:30 シャンプー泡の中性子小角散乱
                吉村倫一,矢田詩歩(奈良女子大学)

16:30-16:55 討論&まとめ

16:55-17:00 閉会挨拶&お知らせ   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は2,000円です.
講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加を希望される方はできるだけ12月17日(火)までに登録してください.参加費は当日徴収させていただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度第1回構造生物学研究会を

    「新世代中性子構造生物学の目指すもの」

をテーマに9月21日(金)PMにエッサム神田ホール2号館501会議室において
開催致します.開催日まで3週間を切りましたので最終案致します.
研究会の詳細につきましては下記資料をご参照ください.

   平成30年度第1回構造生物学研究会

構造生物学に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
 参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
 をご記入の上,メールにてお申込みください.


                 記

       平成30年度第1回構造生物学研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
    日本学術振興会回折構造生物第169委員会 中性子・放射光連携小委員会
    新世代研究所 水和ナノ構造研究会
協賛:総合科学研究機構中性子科学センター
日時:平成30年9月21日(金)13:00~17:00 (12:40開場)
場所:エッサム神田ホール2号館501会議室
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2 TEL 03-3254-8787
http://www.essam.co.jp/hall/access/#building-2

プログラム
13:00 開会挨拶   研究会主査 佐藤 衛(横浜市立大学)
<施設の概況>
13:05-13:30 iBIXの現状と将来計画
         日下勝弘(茨城大学)
<チュートリアル>
13:30-14:10 ゲノムの安定性に関わる酵素の機能解明と中性子構造解析の展望
         山縣ゆり子(熊本大学)
<構造生物学>
14:10-14:40 中性子回折によるアミド基転移酵素GatCABの
        アンモニア輸送機構解明
        姚 閔(北海道大学)
14:40-15:10 味覚受容体による味物質応答の相関構造解析
         山下敦子(岡山大学)

15:10~15:20 休 憩

<創薬における量子ビームの利用>
15:20-15:50 生命機能に迫る相関構造解析
         山本雅貴(理研)
15:50-16:20 蛋白質のX線結晶構造解析によるフラグメントスクリーニング
         宮口郁子(田辺三菱製薬)
16:20-16:50 X線結晶構造解析による水素分解酵素[NiFe]ヒドロゲナーゼの
        酸素耐性機構の解明
          庄村康人(茨城大学)
16:50-16:55 閉会挨拶   今野美智子(茨城県)
16:55-17:00 お知らせ   林 眞琴(CROSS)

交流会:17:20~19:20 @ ワインホール130
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子産業
利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日いただきます.
なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成30年度薄膜・界面研究会を

     「中性子反射率法の最新情報と将来計画」

をテーマとして1月30日(水)にエッサム神田ホール301会議室において開催することになりましたのでご案内致します.プログラムは確定したものではなく,多少変動があるかも知れません.

詳細につきましては下記資料をご参照ください.

    平成30年度薄膜・界面研究会

<参加申込み先>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
E-mail: info@j-neutron.com
(1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
(4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

    
平成30年度薄膜・界面研究会

日時:平成31年1月30日(水)13:00(開場12:40)~31日(木)-15:05
場所:エッサム神田ホール301会議室
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/access/


主催:中性子産業利用推進協議会
     茨城県中性子利用研究会
     総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(ソフトマター・反応分科会)


プログラム:
1月30日(水)13:00~17:00(開場12:40)
13:00-13:05 開会挨拶   田中敬二主査(九州大学)

13:05-13:25 中性子の産業利用の現状
              富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
13:25-14:15 中性子反射率の基礎
              青木 裕之(J-PARC)

<論文紹介>
14:15-14:45 論文紹介(2017-2018年度に出版されたものから3件)
              犬束 学(神奈川大学)
14:45~15:00  休 憩

<装置紹介>
15:00-15:30 BL16「SOFIA」の現状と産業利用
             根本 文也(KEK)

15:30-16:00 BL17「SHARAKU」の現状と産業利用
             阿久津 和宏(CROSS)

16:00-16:30 NRスピンエコーオプション
             遠藤 仁(KEK)

16:30-17:00 重水素化ラボの整備状況
             青木 裕之(J-PARC)

交流会:17:10~19:10
   エッサム神田ホールにて立食パーティ
   参加費:2,000円

1月31日(木)9:30~15:05
<中性子利用>
9:30-10:00 Liイオン電池の電解質界面のオペランド計測
            川浦宏之(豊田中研)

10:00-10:30 イオン液体中の電気二重層の構造解析
            田村 和久(JAEA)

10:30-11:00 3号炉稼動後のNR
            武田全康(JAEA)

11:00-11:30 海外実験施設のトピックス
            堀耕一郎(住友ゴム/J-PARC)

11:30-12:00 高分子積層膜界面の中性子反射率測定
            大野正司(日産化学)

12:00~13:00 昼 食

13:00-13:30 調湿研究会の現状と今後
            宮﨑 司(CROSS)

13:30-14:00 トライボロジプロジェクトの成果
            瀬戸秀紀(KEK)
<長期課題>
14:00-15:00 長期課題報告
        総括  田中敬二(九州大学)
             高原 淳(九州大学)
             川口大輔(九州大学)

15:00-15:05 閉会挨拶&お知らせ  峯村哲郎(茨城県)