↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

HOME  >  

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成29年度第2回構造生物学研究会を

     「新世代中性子構造生物学」

をテーマとして,3月29日(木)に東京飯田橋の研究社英語センター大会議室において開催致します.開催日まで3週間となりましたので最終案致します.
研究会の詳細につきましては下記資料をご参照ください.

     平成29年度第2回構造生物学研究会

構造生物学に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


                    記

         平成29年度第2回生物構造学研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(生命物質分科会)
    日本学術振興会 第169委員会 中性子回折小委員会(予定)
    新世代研究所 水和ナノ構造研究会(予定)
日時:平成30年3月29日(木)10:00-17:10
場所:研究社英語センター大会議室
   〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 TEL 03-3269-4331
  http://www.kenkyusha.co.jp/modules/11_meetingroom/index.php?content_id=1

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進
協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は
事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
10:00 開会挨拶     研究会主査 佐藤 衛(横浜市立大学)

<施設の概況>
10:05-10:25 iBIXの現状と利用成果
                 日下勝弘(茨城大学)

10:25-11:00 J-PARC MLFにおける生命科学に関わる実験装置の現状と将来
                 山田 武(CROSS)

<チュートリアル>
11:00-12:00 中性子結晶構造解析の可能性
         -イェロープロテインの構造と光反応
                  片岡幹雄(CROSS)
12:00~13:00 昼 食

<構造生物学と創薬>
13:00-13:40 アカデミアにおける初期創薬イノベーション
         - もと製薬会社研究員の考える化合物探索 ―
                 阪下日登志(産総研)

13:40-14:20 タンパク質を膜透過させるSecタンパク質の構造生物学
                 塚崎智也(NAIST)
14:20-15:10 ピロリ菌がんタンパク質CagAの構造・機能とその制御
                 畠山昌則(東京大学・医学部)

15:10~15:30 休 憩

15:30-16:20 NMRを用いた膜タンパク質のin situ機能解明
                 嶋田一夫(東京大学・薬学部)

16:20-17:00 タンパク質の大規模運動を伴った機能発現のシミュレーション研究
                 木寺詔紀(横浜市立大学)

17:00-17:05 閉会挨拶 今野美智子(茨城県)

17:05-17:10 お知らせ 林 眞琴(CROSS)


交流会:17:30~19:30
近くの地ビールダイニング「ラ・カシェット」で交流会を開催します.参加費は
2,000円です.施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換の場になります.
是非ご参加ください.参加希望者はできるだけ事前に登録してください.当日
も受け付けます.会費は当日いただきます.なお,事前に登録されて当日キャン
セルされた場合には会費を申し受けます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成29年度第2回残留ひずみ・
応力解析研究会を,

     「集合組織材における残留応力」

をテーマに東京神田のエッサム神田ホール401会議室において3月26日(月)に
開催致します.開催日まで3週間を切りましたので最終案内致します.
プログラムの詳細につきましては下記資料をご参照ください.

   平成29年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会

集合組織材における残留応力に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される場合には下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


                    記

        平成29年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会
      微細構造解析プラットフォーム第4回放射光利用研究セミナー

主催:中性子産業利用推進協議会,茨城県中性子利用促進研究会
    SPring-8ユーザー協同体,JAEA微細構造解析プラットフォーム
    QST微細構造解析プラットフォーム
    NIMS微細構造解析プラットフォーム
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:(一財)総合科学研究機構中性子科学センター
    日本材料学会X線材料強度部門委員会
開催日時:平成30年3月26日(月)10:00-17:05
場所:エッサム神田ホール401会議室
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
TEL 03-3254-8787
http://www.essam.co.jp/hall/access/

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進
協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は
事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶   研究会主査 秋庭義明(横浜国大)

<施設の概況>
10:05-10:30 J-PARC MLFの現状と産業利用
              富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
10:30-11:15 Direct fitting法を応用した集合組織材の回折ヤング率の同定方法
              高木節雄(九州大学)

11:15-12:00 集合組織材と配向性薄膜のX線応力測定
              英 崇夫(徳島大学)
12:00-13:00 昼 食

<集合組織>
13:00-13:45 結晶性材料における集合組織解析
                井上博史(大阪府立大)

13:45-14:15 集合組織と相分率の迅速測定技術の開発
                小貫祐介(茨城大学)

<中性子・放射光による集合組織・残留応力測定>
14:15-14:45 集合組織を有するAl合金製嵌合継手の中性子回折による
        残留応力測定
                 林眞琴(CROSS)

14:45-15:15 一次加工により集合組織が発達した金属材料の残留応力測定
                西野創一郎(茨城大学)
15:15-15:30 休 憩

15:30-16:00 高エネルギーX線回折を用いたTi−6Al−4V合金の引張変形中の
          転位組織解析
                山中謙太(東北大学)

<三号炉の再稼動を見据えて>
16:00-16:30 RESAの現状と今後の展開
                鈴木裕士(JAEA)

16:30-17:00 総合討論
                秋田貢一(JAEA)

17:00-17:05 お知らせと閉会の挨拶   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子
産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくば
らんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日
いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成29年度第2回構造生物学研究会を

     「新世代中性子構造生物学」

をテーマとして,3月29日(木)に東京飯田橋の研究社英語センター
大会議室において開催致します.詳細案内がまとまりましたので,改めてご案内致します.つきましては下記をご参照ください.

     平成29年度第2回構造生物学研究会

構造生物学に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される場合には,下記までお申し込みください.
中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
E-mail: info@j-neutron.com
(1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
(4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


                    記

         平成29年度第2回生物構造学研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会(生命物質分科会)
    日本学術振興会 第169委員会 中性子回折小委員会(予定)
    新世代研究所 水和ナノ構造研究会(予定)
日時:平成30年3月29日(木)10:00-17:10
場所:研究社英語センター大会議室
   〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 TEL 03-3269-4331
  http://www.kenkyusha.co.jp/modules/11_meetingroom/index.php?content_id=1

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進
協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は
事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
10:00 開会挨拶     研究会主査 佐藤 衛(横浜市立大学)

<施設の概況>
10:05-10:25 iBIXの現状と利用成果
            日下勝弘(茨城大学)

10:25-11:00 J-PARC MLFにおける生命科学に関わる実験装置の現状と将来
            山田 武(CROSS)
<チュートリアル>
11:00-12:00 中性子結晶構造解析の可能性
      -イェロープロテインの構造と光反応
             片岡幹雄(CROSS)
12:00~13:00 昼 食

<構造生物学と創薬>
13:00-13:40 アカデミアにおける初期創薬イノベーション
       - もと製薬会社研究員の考える化合物探索 ―
            阪下日登志(産総研)

13:40-14:20 タンパク質を膜透過させるSecタンパク質の構造生物学
           塚崎智也(NAIST)
14:20-15:10 ピロリ菌がんタンパク質CagAの構造・機能とその制御
           畠山昌則(東京大学・医学部)
15:10~15:30 休 憩

15:30-16:20 NMRを用いた膜タンパク質のin situ機能解明
           嶋田一夫(東京大学・薬学部)

16:20-17:00 タンパク質の大規模運動を伴った機能発現のシミュレーション研究            木寺詔紀(横浜市立大学)

17:00-17:05 閉会挨拶 今野美智子(茨城県)

17:05-17:10 お知らせ 林 眞琴(CROSS)


交流会:17:30~19:30
近くの地ビールダイニング「ラ・カシェット」で交流会を開催します.参加費は
2,000円です.施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換の場になります.
是非ご参加ください.参加希望者はできるだけ事前に登録してください.当日
も受け付けます.会費は当日いただきます.なお,事前に登録されて当日キャン
セルされた場合には会費を申し受けます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成29年度第2回残留ひずみ・
応力解析研究会を,

     「集合組織材における残留応力」

をテーマに東京神田のエッサム神田ホール401会議室において3月26日(月)に
開催することになりました.講演概要を含む詳細案内が纏まりましたので,改めて
ご案内致します.プログラムの詳細につきましては下記資料をご参照ください.

   平成29年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会

集合組織材における残留応力に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される場合には,下記までお申し込みください.
中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
E-mail: info@j-neutron.com
(1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
(4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


                    記

        平成29年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会
      微細構造解析プラットフォーム第4回放射光利用研究セミナー

主催:中性子産業利用推進協議会,茨城県中性子利用促進研究会
    SPring-8ユーザー協同体,JAEA微細構造解析プラットフォーム
    QST微細構造解析プラットフォーム
    NIMS微細構造解析プラットフォーム
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
協賛:(一財)総合科学研究機構中性子科学センター
    日本材料学会X線材料強度部門委員会
開催日時:平成30年3月26日(月)10:00-17:05
場所:エッサム神田ホール401会議室
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
TEL 03-3254-8787
http://www.essam.co.jp/hall/access/

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進
協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は
事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶   研究会主査 秋庭義明(横浜国大)
<施設の概況>
10:05-10:30 J-PARC MLFの現状と産業利用
              富田俊郎(茨城県)
<チュートリアル>
10:30-11:15 Direct fitting法を応用した集合組織材の回折ヤング率の同定方法
              高木節雄(九州大学)

11:15-12:00 集合組織材と配向性薄膜のX線応力測定
              英 崇夫(徳島大学)
12:00-13:00 昼 食

<集合組織>
13:00-13:45 結晶性材料における集合組織解析
                井上博史(大阪府立大)

13:45-14:15 集合組織と相分率の迅速測定技術の開発
                小貫祐介(茨城大学)

<中性子・放射光による集合組織・残留応力測定>
14:15-14:45 集合組織を有するAl合金製嵌合継手の中性子回折による
        残留応力測定
                 林眞琴(CROSS)

14:45-15:15 一次加工により集合組織が発達した金属材料の残留応力測定
                西野創一郎(茨城大学)
15:15-15:30 休 憩

15:30-16:00 高エネルギーX線回折を用いたTi−6Al−4V合金の引張変形中の
          転位組織解析
                山中謙太(東北大学)
<三号炉の再稼動を見据えて>
16:00-16:30 RESAの現状と今後の展開
                鈴木裕士(JAEA)

16:30-17:00 総合討論
                秋田貢一(JAEA)

17:00-17:05 お知らせと閉会の挨拶   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子
産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくば
らんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日
いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成29年度薄膜・界面研究会を
平成30年1月30日(火)に研究社英語センター大会議室において
開催致します.講演概要を含む詳細案内が纏まりましたので改めて
ご案内致します.今回は

      「中性子反射率による界面の構造解析」

をテーマに開催します.詳細につきましては下記をご参照ください.

     平成29年度薄膜・界面研究会

薄膜・界面の精密解析に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
E-mail: info@j-neutron.com
(1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
(4)交流会への参加の有無
をご記入の上,メールにてお申込みください.


平成29年度薄膜・界面研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
共催:中性子産業利用推進協議会
   茨城県中性子利用促進研究会,
   総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
協賛:J-PARC/MLF利用者懇談会
日時:平成30年1月30日(火)10:00-17:00
場所:研究社英語センター大会議室
〒162-0825 新宿区神楽坂1-2 TEL 03-3269-4331
http://www.kenkyusha.co.jp/modules/11_meetingroom/index.php?content_id=1

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進
協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は
事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム:
10:00-10:05 趣旨説明   主査:田中敬二(九州大学)

<チュートリアル>
10:05-11:00 中性子反射率法の原理
                山田悟史(KEK)
<薄膜構造解析の実際>
11:00-11:45 反射率解析の演習
                田中敬二(九州大学)
11:45-12:45 昼 食

<反射率装置>

12:45-13:15 BL16「中性子反射率計SOFIA」の現状と成果
                山田悟史(KEK)

13:15-13:45 BL17「中性子反射率計SHARAKU」の現状
                阿久津和宏(CROSS)

<BL17における学術成果>
13:45-14:15 斜入射偏極中性子散乱による磁気多層膜の面内構造解析
                丸山龍治(JAEA)

14:15-14:45 核偏極中性子反射率法による多層膜高分子材料の表面・界面
       構造研究
                熊田高之(JAEA)

14:45-15:15 トポロジカル(結晶)絶縁体/強磁性体ヘテロ構造における磁性
                秋山了太(東京大学)
15:15-15:30 休 憩

<産業利用>
15:30-15:50 コーティング材料の設計に向けたポリマー薄膜の溶媒膨潤挙動に
        関する基礎検討
                里川雄一(DIC)

15:50-16:10 コンタクトレンズ材料の構造解析
                伊藤恵利(メニコン)

<施設の利用方法>
16:10-16:50 J-PARC MLF/CROSS/茨城県BLの利用方法
                宮﨑 司(CROSS)

16:50-17:00 閉会挨拶&お知らせ 峯村哲郎(茨城県)


交流会:17:40~19:40

近くの地ビールダイニング「ラ・カシェット」で交流会を開催します.参加費は
2,000円です(協議会が半額補助).施設側とユーザーのざっくばらんな意見の
交換の場になります.是非ご参加ください.詳細は文末をご参照ください.参加
希望者は事前に登録してください.当日も受け付けます.会費は当日受け付けま
す.なお,事前に登録されて当日キャンセルされた場合には会費を申し受けます.