↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは、平成28年度第2回生物構造学研究会を3月29日(水)に東京飯田橋の研究社英語センターにて開催することになりました。まだ、プログラムが確定していませんが、概略ご案内致します。中性子生物構造学と創薬に関心をお持ちの皆様には是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

<参加申込み先>
参加を希望される方は下記までメールでお申し込みください。
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
 をご記入の上,メールにてお申込みください.

                 記

       平成28年度第2回生物構造学研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    (一財)総合科学研究機構中性子科学センター(CROSS東海)
    J-PARC/MLF利用者懇談会
共催:日本学術振興会 第169委員会 中性子回折小委員会(予定)
   新世代研究所 水和ナノ構造研究会(予定)

開催日時:平成29年3月29日(水)10:00-17:10

場所:研究社英語センター大会議室
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 TEL 03-3269-4331
http://www.kenkyusha.co.jp/modules/11_meetingroom/index.php?content_id=1

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

 ※ 協議会の会員企業・団体については下記URLをご参照ください.
    http://www.j-neutron.com/participation/

テーマ:構造生命科学の最前線と医薬品産業総合戦略の展望2

趣旨:
平成27年9月に,厚生労働省は,グローバル展開を見据えた創薬を目指して「医薬品産業の強化総合戦略」を策定しました.これは医薬品産業の競争力強化に向けた緊急的・集中実施的な戦略であり,中性子の産業利用における生物構造学研究会のミッションとも大きく関わっています.今回の研究会では,前回の研究会に引き続き,近年目覚ましい発展を遂げている構造生命科学の最前線から創薬を目指す医薬品産業の総合戦略を展望します.

プログラム
10:00 開会挨拶     研究会主査 佐藤 衛(横浜市立大学)

<施設の概況>
10:05-10:30 iBIXの現状と利用成果
               日下勝弘(茨城大学)
<構造生命科学>
10:30-11:15 (題目未定)     豊島 近(東京大学分子細胞生物学研究所)

11:15-12:00 (題目未定)     清水伸隆(KEK)

12:00~13:00 昼 食

13:00-13:45 (題目未定)     中迫雅由(慶応大学)

<医薬品産業&DDS>
13:45-14:30 (題目未定)     松本 正(レクメド)

14:30-15:15 (題目未定)     新津洋司郎(札幌医科大学)

15:15~15:30 休 憩

15:30-16:15 (題目未定)     奥 直人(静岡県立大学)

16:15-17:00 (題目未定)     菊池 寛(エーザイ)

17:00-17:05 閉会挨拶 今野美智子(茨城県)
17:05-17:10 お知らせ 林 眞琴(CROSS東海)

交流会:17:30~19:30
近くの地ビールダイニング「ラ・カシェット」で交流会を開催します.参加費は2,000円です.施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換の場になります.是非ご参加ください.詳細は文末をご参照ください.参加希望者はできるだけ事前に登録してください.当日も受け付けます.会費は当日いただきます.なお,事前に登録されて当日キャンセルされた場合には会費を申し受けます.