↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成28年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会を

   国内外施設における中性子可視化・分析技術の状況と
    ブラッグエッジイメージング研究の現状
 - 施設の相補利用による効率的な研究開発とブラッグエッジ法の活用に向けて-

をテーマとして,平成29年2月15日(水)に東京神田のエッサム神田ホールにおいて
開催することは既にご案内済みかと思います.開催日まで3週間を切りましたので最終案内させていただきます.詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

   平成28年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会

中性子イメージングなど非破壊検査技術に関心をお持ちの皆さまの参加申込みをお待ちしています.

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
 をご記入の上、メールにてお申込みください。


                記

      平成28年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構中性子科学センター(CROSS東海)
    J-PARC/MLF利用者懇談会

開催日時:平成29年2月15日(水) 10:00-16:50

場所:エッサム神田ホール2F多目的ホール
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/access/

参加費:無料
ただし,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶   研究会主査 海老原 充(首都大学東京)

<施設の概況>
10:05-10:30 J-PARC MLFと産業利用の現状
                    富田俊郎(茨城県)

<チュートリアル>
10:30-11:00 ANNRIの現状と即発ガンマ線分析
                    藤 暢輔(JAEA)
 
11:00-11:30 J-PARCのイメージング装置RADENの現状
                    松本吉弘(CROSS)

<実験施設の現状>
11:30-12:00 理研RANS1による非破壊観察評価の現状
                    大竹淑恵(理研)

12:00~13:00 昼 食

13:00-13:30 KURにおける放射化分析
                    高宮幸一(京大炉)

13:30-14:00 海外施設における中性子イメージングの現状
                    甲斐哲也(J-PARC)

14:00-14:30 海外施設における放射化分析
                    海老原充(首都大学東京)

<ブラッグエッジイメージングの最新研究>
14:30-15:00 ブラッグエッジ研究の概要
                    篠原武尚(J-PARC)
15:00~15:10 休 憩
15:10-15:40 ブラッグエッジ法によるPb-Bi合金の凝固過程の観察(仮題)
                    伊藤大介(京大炉)

15:40-16:10 透過スペクトル解析による結晶組織構造情報の定量的可視化
                    佐藤博隆(北大)

<中性子イメージングの産業利用>
16:10-16:40 中性子線を用いた熱交換器内二相流の可視化
                    岡村 徹(デンソー)

16:40-16:50 閉会挨拶&お知らせ   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
 神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.