↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは,平成29年度ソフトマター中性子散乱研究会を11月27日(月)に東京神田のエッサム神田ホール401会議室において

  「ダイナミクス測定手法の最前線 ~動的階層構造と材料物性~」

をテーマに開催致します.講演概要を含む詳細案内が纏まりましたので改めてご案内致します.詳細につきましては下記の資料をご参照ください.
ソフトマターのダイナミクスに関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

    平成29年度ソフトマター中性子散乱研究会

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上、メールにてお申込みください。

                    記

        平成29年度ソフトマター中性子散乱研究会

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用促進研究会
    総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
共催:J-PARC MLF利用者懇談会
日時:平成29年11月27日(月) 10:00-16:45
場所:エッサム神田ホール401会議室
    〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
    TEL 03-3254-8787
    http://www.essam.co.jp/hall/access/

参加費:
参加費は無料ですが,資料代として5,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進協議会の会員の皆様と大学,研究機関の方は無料です.それ以外の方は事務局までご相談ください.資料代は当日徴収させていただきます.

  ※ 協議会の会員企業・団体については下記URLをご参照ください.
    http://www.j-neutron.com/participation/

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶・研究会趣意説明
              研究会幹事 井上倫太郎(京都大学)
10:05-10:30 MLFの産業利用の現状
              林 眞琴(CROSS)
10:30-11:00 ソフトマター研究におけるJ-PARL MLFのダイナミクス装置
               富永大輝(CROSS)
11:00-11:30 中性子を用いたゴムのダイナミクス研究
              間下 亮(住友ゴム)

11:30-12:00 放射光を用いたナノ-マイクロ秒の原子・分子ダイナミクス測定の
        原理と応用
              斎藤真器名(京都大学)
12:00~13:30 昼 食
13:30-14:00 高分子におけるMHz帯分子ダイナミクスのミュオンスピン緩和法
         による観測
              竹下聡史(KEK)
14:00-14:30 誘電緩和・中性子反射率測定による高分子積層薄膜のガラス転移
         ダイナミクス
              深尾浩次(立命館大学)

14:30-15:00 リチウムイオン電池材料のイオン伝導度と拡散係数 
       - Nernst-Einstein則の破れと時空スケール依存性
              河村純一(東北大学)

15:00~15:30 休 憩

15:30-16:00 細孔水およびリチウムイオン電池用電解液の
        中性子スピンエコー測定
              吉田亨次(福岡大学)

16:00-16:30 レオロジーでわかるソフトマターのダイナミクス
                増渕雄一(名古屋大学)

16:30-16:40 閉会挨拶   研究会主査 竹中幹人(京都大学)

16:40-16:45 お知らせ   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:00~19:00
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加を希望される方は11月24日(金)までに登録してください.参加費は当日徴収させていただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.