↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

研究会

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成30年度磁性材料研究会を

        磁気センサ・メモリの新展開

をテーマとして11月9日(金)に東京神田のエッサム神田ホール2号館601会議室
において開催致します.講演概要を含む詳細案内が纏まりましたので改めて
ご案内致します.詳細案内につきましては下記の資料をご参照ください.

     平成30年度磁性材料研究会

多くの皆さまの参加をお待ちしています.

<参加申込み先>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

                   記

           平成30年度磁性材料研究会

日時:平成30年11月9日(金)10:10-16:55
場所:エッサム神田ホール2号館601会議室
     〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-24-5
     TEL: 03-3254-8787
      http://www.essam.co.jp/hall/access/#building-2

主催:中性子産業利用推進協議会
    茨城県中性子利用研究会
    総合科学研究機構中性子科学センター
協賛:J-PARC MLF 利用者懇談会(磁性・強相関分科会)

プログラム
10:10-10:15 開会挨拶   研究会主査 北澤英明(NIMS)

<チュートリアル>
10:15-11:10 磁性・スピントロニクス研究の量子ビームへの期待
               宝野和博(NIMS)

<スピントロニクス>
11:10-11:40 スピントロニクス技術を用いた生体磁気センサ
               安藤康夫(東北大学)

11:40-12:10 アモルファス基板上に作製したMgAl2O4障壁を持つ格子整合
       トンネル磁気抵抗素子
               介川裕章(NIMS)

12:10~13:00 昼 食

<スキルミオン>
13:00-13:30 中性子散乱による磁気スキルミオンの外場応答の観測
        - 一軸応力による相安定性の制御と急加熱・急冷条件下での
          相転移キネティクス -
                中島多朗(理研)

13:30-14:00共鳴軟X線散乱による磁気スキルミオンの外場制御と実空間観測
                山崎 裕一(NIMS)

14:00-14:40 中性子散乱によって見えた電子スピンのゆらぎと電子軌道の結合
                有馬孝尚(東京大学)
14:40~14:50 休 憩

<磁気センサ>
14:50-15:40 ダイヤモンド量子固体センサの現状と将来展開
                 波多野睦子(東京工業大学)

15:40-16:10 量子センシングデバイスを目指したダイヤモンド結晶成長
                 寺地徳之(NIMS)

14:10-16:50 反転対称性の破れた磁性体におけるマグノンの非相反性
                 佐藤 卓(東北大学)

16:50-16:55 閉会挨拶&お知らせ   峯村哲郎(茨城県)

交流会:17:20~19:20
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します.参加費は中性子産業利用推進協議会の補助があり2,000円です.講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください.参加費は当日いただきます.なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます.