↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

   貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発
      ~新しい窒素分子の活性化機構を示唆~

JST戦略的創造研究推進事業において、東京工業大学の細野秀雄教授、多田朋史准教授、北野政明准教授らは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の阿部仁准教授らと共同で、貴金属を使わない高性能のアンモニア合成触媒を開発されました。

詳細につきましては下記の資料

「貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発」

あるいは,下記のURLをご参照ください.

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20180123/index.html


<研究成果のポイント>は下記の通りです.
 〇 金属間化合物LaCoSiが高い触媒活性を実現した
 〇 Ruなどの貴金属微粒子の担持を必要としない
 〇 活性化エネルギーが極めて低く新しい反応機構が示唆された

温和な条件下でアンモニア合成を可能とする触媒は、オンサイトでの合成プロセスを実現するための鍵となります。高温・高圧を必要とするハーバー・ボッシュ法には鉄系触媒が工業的に使われ、より温和な条件下での合成にはRu触媒が研究されています。

今回、Ruなどの貴金属の担持を必要としない高活性触媒が開発されました。電子が陰イオン(アニオン)として働く"電子化物(エレクトライド)"のコンセプトを拡張することで新触媒を検討し、LaとCoの金属間化合物LaCosiが貴金属を用いずに高い活性を示すことを見い出したものです。