↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

一般財団法人総合科学研究機構では以下の要領で職員を募集します。

1.概要
 一般財団法人総合科学研究機構は、日本原子力研究開発機構(JAEA)と
 高エネルギー加速器研究機構(KEK)が共同で運用している大強度陽子加
 速器施設(J-PARC)の物質・生命科学実験施設(MLF)において、特定
 中性子線施設に係る登録施設利用促進機関(略称「登録機関」)として中
 性子線共用施設(共用ビームライン)の利用促進を行っています。 今回は
 職員を下記の通り公募します。特に定年後の方応募を歓迎します。

2.採用予定人員
 サイエンスコーディネータ 1 名

3.職務内容
 1) 中性子を活用した新たな学術研究や産業利用テーマの発掘、中性子利用
  に係る技 術指導、利用研究の支援
 2) 中性子利用促進に係る研究会等の開催及び若手研究者育成

4.応募資格
 1) 研究指導経験が豊富でかつ中性子や放射光利用を理解し、中性子利用研究
  に関す る指導や支援ができる方
 2) 固体化学、材料科学又は計算物質科学に深い知識を有する方
 3) 博士の学位を有する方または同等の能力を有する方
 4) 産業界での研究開発経験のある方が望ましい。

5.雇用期間
 1年契約(契約更新は4回まで可能)
 ただし、当機構が登録機関として認可されている期間に限ります(登録は5年
 ごとに認可を受ける必要があり、現在の期間は平成28 年4 月1 日から平成33年
 3月31日まで)。更新については業務実績や予算状況等を考慮の上決定します。
 また、4月1日時点で69 歳に達している方は更新しません。

6.配属先
 一般財団法人総合科学研究機構 中性子科学センター

7.勤務地
 茨城県那珂郡東海村白方162-1
 いばらき量子ビーム研究センター内
  一般財団法人総合科学研究機構 中性子科学センター

8.雇用条件
 ・勤務形態については常勤又は非常勤の選択が可能
 ・その他については別紙のとおり
 
9.応募書類
 (1)履歴書(当機構指定様式を使用したもの)(PDF、WORD)
 (2) 博士の学位取得証明書又は学位記の写し又は最終学歴卒業証明書
 (3) 研究・業務経歴書(A4 様式自由)、研究業績リスト(A4 様式自由)
  及び主要論文 の別刷(5 編以内)
 (4) 志望の動機及び抱負(A4 様式自由)

10.公募締切日
 平成30 年2 月16 日(金)(必着)
 ※適任者がいない場合は翌月以降の毎月末まで延長します。

11.応募書類提出先
 〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1
 いばらき量子ビーム研究センター内
  一般財団法人総合科学研究機構 中性子科学センター 事務部
 (封筒に「サイエンスコーディネータ(17-7)応募書類」と朱書きすること)
 ・応募書類は返却しませんのでご了承下さい。

12.選考方法
 第1 次審査:書類審査 第2 次審査:面接審査(研究業績プレゼン、質疑応答)
 ・第1次審査合格の方のみ第2次審査を行います。
 ・第1次審査及び第2 次審査の結果は速やかに文書により通知します。
 ・第2次審査の旅費は当機構の規定に基づき後日支給します。ただし、日本国
  内の旅費のみとします。
 ・第2次審査に合格の方には健康診断を受診して頂きます。

13.採用時期
 平成30 年4 月1日(日)以降のできるだけ早い時期

14.問合せ先
 一般財団法人総合科学研究機構 中性子科学センター
 TEL:029-219-5300, FAX:029-219-5311
 URL:http://www.cross-tokai.jp/ja/info/jobs
 (採用情報)
  研究開発部 鈴木淳市(職務内容等について)E-mail:j_suzuki@cross.or.jp
  事務部 疋田 卓(雇用条件、事務手続等について) E-mail:t_hikita@cross.or.jp             
15.個人情報の取扱い
 提出して頂いた個人情報は採用選考のために利用します。採用が決定した方の
 個人情報については、引き続き採用後の雇用管理のために利用します。その他
 の方の個人情報については提出して頂いてから1年を経過した時点で破棄しま
 す。

16.その他 採用決定者について履歴等に偽りがあった場合には採用を取り消し
  ます。

                                  以 上