↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

HOME  >  


     JRR-3の新規制基準適合確認への取り組み状況について

                                     平成28年6月13日

 平素よりJRR-3施設供用に対して格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 JRR-3では、既にお知らせしたとおり、平成23年3月の東日本大震災以後、被災箇所の補修、全施設の健全性確認を平成25年2月までに終え、再稼働に向けて、平成26年9月に試験研究炉の新規制基準への適合確認のための原子炉設置変更許可を申請しました。

 弊機構といたしましては、JRR-3の再稼働の遅れが我が国の中性子を利用した学術研究や産業利用及び人材育成の停滞を招いていること、また、利用者の皆様からも早期再稼働が強く要望されていること等を重く受け止め、早期の再稼働を目指し、鋭意取り組んでいるところです。

 今回の新規制基準のポイントは、最新の知見に基づいた
 ①大量の放射性物質の放出事故への対策
 ②竜巻などの自然現象や火災への防護
 ③基準地震動の策定及び耐震安全性
の3点です。これまでの審査で、①及び②に対しては、基準の適用に関する考え方が合意され、具体的な対策について説明を開始しています。また、③に対しては、基準地震動策定に必要な項目のうちプレート間地震や海洋プレート内地震などの審査を概ね終えるなど、順調に審査対応を進めています。また、今後、基準地震動に基づき施設の耐震安全性を示すこととなります。

 上記のように、設置変更許可取得の見通しは得られつつあります。しかし、設工認(耐震安全性に係る審査など)や施設定期検査などの後続規制対応になお時間を要すると思われることから、JRR-3の再稼働時期は平成29年度末となる見通しです。前回のご報告から時間が経過し、利用者の皆さまにご心配いただいていることから、このたび改めて審査の現状報告をすることといたしました。引き続き、JRR-3の再稼働に向けた取り組みに対し、ご理解賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

なお、「新規性基準適合に係る審査の状況」と「新規性基準対応の想定スケジュール(JRR-3)」につきましては下記の資料をご参照ください。

「新規性基準適合に係る審査の状況」

「新規性基準対応の想定スケジュール(JRR-3)」

                     国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
                      原子力科学研究部門 原子力科学研究所
                      研究炉加速器管理部長 村山 洋二

研究用原子炉を利用している研究グループの皆さまへ

研究用原子炉の利用に関してアンケートにつきましては,5月末を期限に回答をお願いしておりました.しかしながら,研究用原子炉の利用者数は多いにもかかわらず,これまで頂いた回答の数はかなり少なく,今後の研究用原子炉の活動にとって大きな障害となることが心配されます.
このため回答期限を6月3日(金)まで延長することにしましたのでお知らせいたします.まだご回答いただいていない皆さまには是非ご回答いただきますようお願い申し上げます.

                      平成28年5月9日
                      日本学術会議
                      基礎医学委員会・総合工学委員会合同
                      放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会
                      委員長 柴田徳思


日本学術会議 基礎医学委員会・総合工学委員会合同 放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会では,研究用原子炉の在り方について検討を重ねています.その中で,研究用原子を利用されている皆さまにアンケート調査をさせていただきたいと存じます.締め切りが迫っていますが,是非ともご協力いただきますようお願い申し上げます.

                      平成28年4月8日
                      日本学術会議
                      基礎医学委員会・総合工学委員会合同
                      放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会
                      委員長 柴田徳思

 前期(22期)日本学術会議基礎医学委員会・総合工学委員会合同 放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会では、研究用原子炉の在り方検討小委員会を設置して検討し、提言「研究用原子炉の在り方について」を発出しました(本学術会議のホームページからダウンロードできます)。

 今期(23期)でも、引き続き研究用原子炉の在り方検討小委員会を設置し、検討しております。東京電力福島第一原子力発電所事故以降、研究用原子炉に関する規制の見直しがなされ、各研究用原子炉施設の再開には時間がかかり、これまでのところ再稼働を見通せた施設はありません。この結果、利用停止が5年間に及びます。このことは各研究グループに大きな影響を与えていると思われます。影響のうち、人材育成と教育に関する部分は日本原子力学会によりなされていて、研究用原子炉の在り方小委員会では、この長期停止が学術研究や産業界の開発研究に与える影響をアンケートにより調査し、研究用原子炉の重要性を示す資料を作成したいと考えています。

 お忙しいこととは存じますが、下記のアンケート用紙に回答をご記入の上,下記宛先までお送りください.宜しくお願い致します.
 東京大学大学院工学系研究科 原子力専攻 上坂充
 メールアドレス:kenkyuro-riyou@jaea.go.jp

  研究用原子炉の利用に関するアンケート

 なお、アンケートに関してご不明の点は、上記アドレスのアンケート担当者である上坂委員へご連絡ください。
回答締切:平成28年4月30日(土)


       日本原子力研究開発機構の改組について

 平成28年4月1日付けで,日本原子力研究開発機構(原子力機構)と放射線医学総合研究所(放医研) が改組になり,新たな「日本原子力研究開発機構」と「量子科学技術研究開発機構」が発足しましたのでご案内致します.
 
 原子力機構の量子ビーム応用研究センターは改組され,原子力機構が所有する中性子と放射光などを使った先端的な微視的構造・機能解析ツールを駆使し,原子力科学,原子力利用に資する物質・材料科学研究を推進することを目的として,「物質科学研究センター」が平成28年4月1日に発足しました.詳細については下記のHPをご参照ください.
       http://www.jaea.go.jp/randd/msrc/

 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(量研機構:National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology(略称:QST))は,量子科学技術を一体的,総合的に推進するため,平成28年4月1日付けで,放射線医学総合研究所(放医研)の名称を変更し,日本原子力研究開発機構(原子力機構)の一部を移管統合することにより発足しました.詳細については下記のHPをご参照ください.
     http://www.jaea.go.jp/randd/msrc/

研究用原子炉を利用している研究グループの皆さまへ

日本学術会議 基礎医学委員会・総合工学委員会合同 放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会では,研究用原子炉の在り方について検討を重ねています.その中で,研究用原子を利用されている皆さまにアンケート調査をさせていただきたいと存じます.締め切りが迫っていますが,是非ともご協力いただきますようお願い申し上げます.

                      平成28年4月8日
                      日本学術会議
                      基礎医学委員会・総合工学委員会合同
                      放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会
                      委員長 柴田徳思

 前期(22期)日本学術会議基礎医学委員会・総合工学委員会合同 放射線・放射能の利用に伴う課題検討分科会では、研究用原子炉の在り方検討小委員会を設置して検討し、提言「研究用原子炉の在り方について」を発出しました(本学術会議のホームページからダウンロードできます)。

 今期(23期)でも、引き続き研究用原子炉の在り方検討小委員会を設置し、検討しております。東京電力福島第一原子力発電所事故以降、研究用原子炉に関する規制の見直しがなされ、各研究用原子炉施設の再開には時間がかかり、これまでのところ再稼働を見通せた施設はありません。この結果、利用停止が5年間に及びます。このことは各研究グループに大きな影響を与えていると思われます。影響のうち、人材育成と教育に関する部分は日本原子力学会によりなされていて、研究用原子炉の在り方小委員会では、この長期停止が学術研究や産業界の開発研究に与える影響をアンケートにより調査し、研究用原子炉の重要性を示す資料を作成したいと考えています。

 お忙しいこととは存じますが、下記のアンケート用紙に回答をご記入の上,下記宛先までお送りください.宜しくお願い致します.
 東京大学大学院工学系研究科 原子力専攻 上坂充
 メールアドレス:kenkyuro-riyou@jaea.go.jp(アンケート用アドレス)

  研究用原子炉の利用に関するアンケート

 なお、アンケートに関してご不明の点は、上記アドレスのアンケート担当者である上坂委員へご連絡ください。
回答締切:平成28年4月30日(土)

    2015年度量子ビームサイエンスフェスタ
    (第7回MLFシンポジウム / 第33回PFシンポジウム)
     開催のお知らせ

KEK物質構造科学研究所 (物構研) とJ-PARC物質・生命科学実験施設 (MLF) はともに茨城県内にあり、直線距離にして60km弱と比較的近くに位置しています。両研究所・施設ではその「地の利」を生かし、放射光、陽電子、中性子、ミュオンを、それぞれの特徴を生かした形でより密接に連携させて新しいサイエンスを展開することを目指しています。

物構研とMLFによる合同サイエンスフェスタは、今年度から名称を「量子ビームサイエンスフェスタ」に変更し、2016年3月15日 (火) ~16日 (水) の日程で開催することになりました。量子ビームサイエンスフェスタは、単に各施設におけるスタッフとユーザーの成果発表の場であるだけでなく、異なるプローブを用いる研究者間の交流の場です。すなわち、各々のプローブの専門家が互いに連携するためのサロンであり、美しい協奏的研究の成果を披露する舞台であり、競争し刺激を与え合う土俵でもあります。

開催概要は下記のとおりです。詳細が決まり次第、ホームページ等により皆様にお知らせいたします。是非多くの方々にご参加いただき、それぞれに新しい量子ビーム科学研究の種を持ち帰っていただければ幸いです。

主催:KEK物質構造科学研究所
    J-PARCセンター
    総合科学研究機構 (CROSS)
    PF-UA, MLF利用者懇談会
会期:2016年3月15日 (火) 、16日 (水)
会場:つくば国際会議場 (エポカルつくば)
    茨城県つくば市竹園2-20-3

<問合わせ先>
 量子ビームサイエンスフェスタ事務局
 e-mail : imss-festa@pfiqst.kek.jp