↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

3.11大震災以降運転を停止しているJRR-3の運転再開の想定スケジュールに
ついて,原子力機構の村山洋二研究炉加速器管理部長のメッセージが発信
されましたのでお知らせ致します.下記の資料をご参照ください.

  「JRR-3 の新規制基準適合確認への取り組み状況について」

結論としては,
新規性基準に対応するため耐震補強工事を平成31年度に実施するため
JRR-3の運転再開は平成32年10月末になる見込み
です.

村山部長メッセージは下記のJRR-3ユーザーズオフィスHPのトップページ
「お知らせ」に掲載されましたのでご参照ください.
http://jrr3uo.jaea.go.jp/

2018.1.24  JRR-3 の新規制基準適合確認への取り組み状況について
     (研究炉加速器管理部長メッセージ)
http://jrr3uo.jaea.go.jp/pdf/topics/20180124.pdf

JRR-3運転再開の想定スケジュールのポイントは下記の通りです.
〇前回、平成28年6月23日にJRR-3運転再開の想定スケジュールを公表
 平成28年6月時点では、JRR-3の運転再開時期を本年2月と想定

〇規制当局の新規性基準適合性審査についてはほぼ終盤
 現在これまでの審査を踏まえた第4回補正申請を来月中に行うべく準備中

〇本年8月末に設置変更許可の取得を想定

〇審査を踏まえ当初の想定を上回るものとなった基準地震動を用いた
 原子炉建家の耐震安全性再評価の結果、原子炉建家の壁は耐震基準を満足
 する見通しだが、屋根についてはその一部が損傷するおそれがあり、
 補強工事を行うこととした

〇自主安全向上の取り組みとして平成19年度に改正された建築基準法を
 満足すべく、ビームホール等の建家・構築物に対して、耐震補強を行う

〇耐震補強工事については、今年度から来年度にかけて、工事設計及び
 設工認取得を行い、平成31年度に着工する予定

〇JRR-3の運転再開時期は、工事完了後に施設定期検査を受検した後、
 平成32年10月末の予定


<ご参考>
同日付で、日本原子力研究機構のホームページにて、
試験研究炉等(NSRR、STACY、JRR-3 及び原科研放射性廃棄物処理場
並びに HTTR)の運転再開の想定スケジュールも公開されています.
併せてお知らせ致します.
情報は下記URLに掲載されております.
https://www.jaea.go.jp/