↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

日本原子力研究開発機構ほかからBL19「匠」における研究成果について
プレスリリースがありましたのでご案内致します.

                              2018年2月26日

                              日本原子力研究開発機構
                              J-PARCセンター
                              兵庫県立大学
                              総合科学研究機構
                              京都大学


         自動車用鋼板の開発に新しい道筋

   ~先端鉄鋼「TRIP鋼」の引張力に対するふるまいを実験的に解明~

<発表のポイント>は以下のとおりです.

1)衝撃吸収特性に優れた構造部材として自動車などに使われる先端鉄鋼
  「TRIP鋼」の引っ張り力に対する結晶構造の変化及びそれがもたらす
  影響を中性子回折実験で詳しく解明することに世界で初めて成功

2)外力の引っ張りによってTRIP鋼に含まれる「残留オーステナイト」の
  結晶構造が変化(相変態)して生じる「マルテンサイト」が鉄鋼の
  強度を高めていることを実験的に引っ張りながらその場で詳しく解析し、
  証明

3)TRIP鋼の炭素含量の違いは鉄鋼の相変態による強度変化に影響しない
  ことも証明

4)さらなる自動車の軽量化と衝突安全性を高めるためのTRIP鋼の開発に有用

詳細につきましては下記のJ-PARCセンターならびにCROSSのURLをご参照ください.
 http://j-parc.jp/ja/topics/2018/Press180226.html

 http://cross-tokai.jp/ja/publications/press/2018/201802261500.shtml

なお,本件の内容については中性子産業利用推進協議会の季報「四季」第30号
に掲載してあります.