中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせは:
info[アットマーク]j-neutron.com へ

アクセスカウンター

「PFユーザーアソシエーション、J-PARC MLF利用者懇談会」
からのご案内です。

*********************************

例年ご好評いただいております「量子ビームサイエンスフェスタ」を、
今年度は来る2021年3月9日・10日・11日の3日間、オンラインにて
開催いたします。

第38回PFシンポジウム、第12回MLFシンポジウムも合同開催いたします。

本サイエンスフェスタは、PF並びにMLFにて最先端の装置開発を担う
研究者及び各実験施設を用いた研究を展開する内外の研究者等が一堂に
会する量子ビーム利用研究関連の最大のシンポジウムとなっております。

昨年度は新型コロナウイルス感染症対策の観点から中止となりましたが、
一昨年度の量子ビームサイエンスフェスタでは、約560名の参加がありました。

これらの研究者が学術的な交流、情報交換を行うとともに、PF並びに
J-PARCに関する将来計画を議論する場を提供しております。

 例年、PFユーザーアソシエーション並びにJ-PARC MLF利用者懇談会は、
本サイエンスフェスタを支援するため、共催しております。

今や、放射光・中性子・ミュオンなどの量子ビームを用いた計測は、
基礎・応用科学分野のみならず、素材開発や創薬設計,生産プロセス技術改善
などの産業利用に至る広い分野における強力な基盤測定・解析技術として、
国内はもとより世界各国で積極的に利用されております。

そこで,本サイエンスフェスタでは、我が国の量子ビーム科学・技術の将来を
担う若手研究者の人材育成の一環として、特に、学生を対象としたポスター賞を
多数用意して奨励する計画をしております。

 つきましては、上記の活動にご賛同をいただき、この機会を御社の広報活動に
お役立て頂きたく、別紙のとおり企業ウェビナーのご案内をさせて頂きますので、
是非ともご出展を賜りますようお願い申し上げます。

なお、賛助会員(PFユーザーアソシエーション)/協賛会員(J-PARC
MLF利用者懇談会)の方には、出展・広告につきましては協賛会員割引を
設定しておりますので、この機会に賛助会員/協賛会員への入会に
つきましても併せてお願い申し上げます。

敬具
 
清水敏之
PFユーザーアソシエーション 会長
東京大学大学院薬学系研究科 教授

日野正裕
J-PARC MLF利用者懇談会 会長
京都大学複合原子力科学研究所 准教授

************************
〒319-1195
茨城県那珂郡東海村白方2-4
日本原子力研究開発機構J-PARCセンター内
J-PARC MLF利用者懇談会事務局
E-mail: mlfusersoc-jimukyoku@ml.j-parc.jp
MLF利用者懇談会ホームページ:http://is.j-parc.jp/MLFuser/
ユーザー広場: https://www.mlfusersoc.jp
*************************