↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 


中性子およびミュオンを利用する実験課題の2017A期の公募を

  2016年10月17日(月)~11月7日(月)(17:00 JST)

に行うことになりましたのでお知らせ致します.詳細につきましては下記のURLをご参照ください.
   http://j-parc.jp/researcher/MatLife/ja/applying/koubo.html

<注意事項>
1)課題の申請においては下記のURLにある最新テンプレートをご使用ください。
    https://jpms.j-parc.jp/j-pas/auth/mlf/select.jsp
2)2017Aから、BL09 特殊環境中性子回折装置(中性子ビームライン)の供用を
  開始します.
3)MLFの成果公開型利用者には、実験実施後60日以内に実験報告書を提出
  することが義務付けられています。
4)実験実施後3年以内に論文等による成果の公開と登録を求めることになり
  ました。
5)審査において、MLFでこれまで行った実験の実験報告書の提出と成果登録の
  有無を勘案することがあります。
6)今回の利用期間における陽子ビームの出力は150 kW程度を予定しています.

<応募方法>
 下記のJ-PARC課題申請システムを利用して電子申請してください.
    https://jpms.j-parc.jp/j-pas/auth/menu.jsp

<茨城県BLへの課題申請>
茨城県BLでは2016Aより定期課題公募を廃止し,いつでも課題申請
を受け付けています.課題公募の形態は3種類あります.
1)一般課題
従来の随時課題と同じで基本的には課題申請していただくと45日以内に
実験することができます.

2)メールインサービス
茨城県から送付する試料ホルダーに測定試料を充填していただき,宅配便
にて送付していただければ,利用者の皆さまがJ-PARCに来ることなく,
装置グループが測定して,測定結果と試料を返送するシステムです.

3)緊急利用
各運転サイクルの最後に1日分緊急利用のためのマシンタイムを準備して
あります.緊急に利用したい場合に課題を申請してください.

詳細については下記の茨城県事務室までお問い合わせください.
TEL: 029-352-3301
E-mail: info-neutron@pref.ibaraki.lg.jp

茨城県BLを利用したい場合には下記までご相談ください.
技監:
富田俊郎:t_tomida@pref.ibaraki.lg.jp
産業利用コーディネーター:
今野美智子:konno@ibaraki-neutrons.jp
峯村哲郎:minemura@ibaraki-neutrons.jp