↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

 J-PARCセンターでは水銀ターゲット8号機のビーム出力を1MW相当に上げた連続運転試験を7月3日に実施し,約1時間継続することに成功しました。
 詳細につきましては下記のURLをご参照ください。

   https://j-parc.jp/ja/topics/2018/topics180705.html

 J-PARCセンターでは、昨年10月24日から水銀ターゲット容器8号機の運転を行ってきました。4月19日からは出力を500kWに上げて運転していましたが、稼働率が93%と非常に安定した運転を6月30日まで継続することができました。引き続き,夏季メンテナンス前に出力を増大させる試験運転を実施し、時間平均で約935kWを超える連続運転に成功しました。これは中性子生成水銀ターゲットとミュオン生成グラファイトターゲットで受けるビーム出力換算で設計値である1MWのパルスビーム出力に相当します。7月3日のビーム出力の推移を図1に示します。13:30頃から約1時間ほぼ安定して1MW連続運転をしていることが分かります。
0816jparc.png
 水銀ターゲットについては、夏季メンテナンス中にこれまでのビームにより受けた影響を評価し、その結果を基に、ターゲットの改良を行う予定です。その後,さらに運転経験を蓄積しつつ、MLFにおける1MWでの連続利用運転を目指します。