↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

1. 公募職種及び人員
 任期付研究員 (住友ゴム嘱託社員、1年更新、最長3年) 1名
 ※ 任期終了後はJ-PARC、住友ゴム、本人と3者で協議する。

2. 研究 (職務) 内容
大強度陽子加速器施設 (J-PARC) /物質・生命科学実験施設 (MLF) は中性子・ミュオンの実験施設として、多くの分野で先端研究を展開している。産業応用はその中でも重要な課題で、J-PARC としても力を入れているところであり、中性子・ミュオン技術を習得しかつ企業の視点から研究を展開できる人材の獲得・育成を目指している。中性子・ミュオン技術は急速な進展をしており、その技術を持つ人材を企業において育成することはそれほどたやすいことではない。一方、いわゆるアカデミアで育った人材には企業の視点から研究を展開することは困難を極める。この大きなギャップは、中性子・ミュオンを含む量子ビームの本格的な産業利用展開における課題であり、その解決は今後の展開に不可避である。この様な状況を鑑み、本公募では企業 (住友ゴム工業 (株) ) に属しつつ、J-PARC/MLF における新手法開発および先導的研究を推進する人材を募集する。

3. 応募資格
 博士の学位を有すること

4. 雇用条件
 給与・賞与 選考結果および能力・経験を加味して決定
 ※ その他、通勤交通費、出張旅費を住友ゴム基準により支給する。
 保険等 社会保険完備、住友ゴム共済会 (互助組織) に加入

5. 主たる勤務地
 J-PARC MLFおよび住友ゴム工業株式会社 (神戸本社)

6. 公募締切
 平成30年1月31日 (水) 必着

7. 着任時期
 採用決定後、できるだけ早い時期

8. 選考方法
 書類選考、必要であれば面接を行う。
 面接を実施する場合の詳細 (日程:2/16 (金) 13:30~ 場所:J-PARCセンター) は、後日、通知する。

9. 提出書類
(1) 履歴書
(2) 研究歴、本公募に関する業務歴
(3) 発表論文リスト。共著者名をすべて記入すること。また、提出する論文別刷の番号には○印を付すこと
(4) 着任後の抱負 (2000字程度、公募内容全般に対するものであること)
(5) 論文別刷 主要なもの、5編以内
(6) その他参考資料 (外部資金獲得状況、国際会議招待講演、受賞歴等)
(7) 本人に関する推薦書または参考意見書 (宛名はJ-PARCセンター長 齊藤直人とすること)
※ 上記の書類は、すべてA4判横書きとし、それぞれ別葉として各葉に氏名を記入すること。
※ 原則として、提出書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承願います。

10. 送付先
〒319-1195 茨城県那珂郡東海村白方2-4
   J-PARC研究棟 4F
    J-PARCセンター長 齊藤直人
   Tel: 029-284-4493, E-mail: naohito.saito@kek.jp

封筒の表に「J-PARC/住友ゴム フェローシップ 任期付研究員応募」を朱書きし、郵送 (書留) または持参すること。

11. 問合先
〒651-0072 神戸市中央区脇浜町3-6-9
 住友ゴム工業株式会社
  研究開発本部分析センター 課長 岸本浩通
  (E-mail: h-kishimoto.az@srigroup.co.jp)
人事総務部 部長代理 朝永修平
(E-mail: s-tomonaga.az@srigroup.co.jp)

〒319-1195 茨城県那珂郡東海村白方2-4
 J-PARC研究棟 4F
  MLF ディビジョン長 金谷 利治
  Tel: 029-284-4208, E-mail: tkanaya@post.kek.jp

※募集案内と募集要項の詳細については下記URLをご参照ください.
〔募集案内〕
URL://j-parc.jp/felloship/2017/img/2017flyers.pdf
〔募集要項〕
URL://j-parc.jp/felloship/2017/img/2017admissions.pdf