↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

     京×データサイエンスシンポジウム開催のご案内
         - データ meets シミュレーション -

超スマート社会の実現には、ビッグデータの活用が不可欠です。「京」などのスパコンを利用した計算科学の世界では、以前からシミュレーションという手法を利用してビッグデータを活用してきました。そしていま、最新の分析手法を用いて、データとシミュレーションが出会う時、新たな価値が生まれる――ビジネスにも活用が広がる、さまざまな分野の新しい可能性をご紹介します。

              記

日時:2017年8月25日(金) 13:30~17:50(13:00受付開始)
場所:東京 丸ビルホール(東京・丸の内ビル7階)
http://www.marunouchi-hc.jp/hc-marubiru/access.html
主催:理化学研究所計算科学研究機構、高度情報科学技術研究機構
参加費:無料
申込み:Web申込み(締切:8月21日 (月) 正午)
http://www.aics.riken.jp/ksympo2017/
問合せ先:高度情報科学技術研究機構:k-sympo@rist.or.jp

プログラム
13:30~13:35 開会挨拶
平尾 公彦(理化学研究所計算科学研究機構 機構長)

13:35~13:40 挨拶
文部科学省

13:40~14:20 基調講演:AI
機械学習の新展開 ~シミュレーション科学~
上田 修功(理化学研究所 革新知能統合研究センター 副センター長)

14:20~14:50 講演:医療・ヘルスケア
予測と予防の個別化医療実現に向けたデータとシミュレーションの融合
桜田 一洋(㈱ソニーコンピュータサイエンス研究所 シニアリサーチャー)

14:50~15:10 コーヒーブレイク(産業利用相談会)

15:10~15:40 講演:社会経済
「未来観測所」から見える日本企業の現状と未来:「京」をつかって
高安 美佐子(東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授)

15:40~16:10 講演:データ同化
シミュレーションと実測データを融合するデータサイエンス
三好 建正(理化学研究所 計算科学研究機構 データ同化研究チームTL)

16:10~16:35 コーヒーブレイク(産業利用相談会)

16:35~17:45 パネルディスカッション「データmeetsシミュレーション」
  モデレータ:佐藤三久(計算科学研究機構 プログラミング環境研究チームTL)

  パネリスト:
   上田修功(講演者:理化学研究所 革新知能統合研究センター)
   桜田一洋(講演者:株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所)
   高安美佐子(講演者:東京工業大学)
   三好建正(講演者:理化学研究所 計算科学研究機構)
   青山聖子(サイテックコミュニケーションズ サイエンス・プロデューサー)
   松葉浩也(理化学研究所 計算科学研究機構 利用高度化研究チームTL)

17:45~17:50 閉会挨拶
  関 昌弘(高度情報科学技術研究機構 理事長)

※プログラム等は変更になる場合があります。

------------------------------------------------------------
「京×データサイエンスシンポジウム」事務局
一般財団法人 高度情報科学技術研究機構
問合せ先:k-sympo@rist.or.jp