↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

HOME  >  

中性子産業利用推進協議会平成30年度総会7月23日(月)AMに開催することは
既にご案内済みですが,開催日まで1カ月となりましたので改めてご案内さ
せていただきます.

総会には会員企業の皆さまだけでなく,非会員企業や大学,研究機関,一般
の皆さまも参加することができます.多くの皆さまにご参加いただき,
中性子産業利用推進協議会の活動内容についてご理解いただければ幸いに
存じます.

   ●中性子産業利用推進協議会平成30年度総会

日時:平成30年7月23日(月)10:20-12:00

会場:
東京 秋葉原ダイビル2F 秋葉原コンベンションホール

庄山悦彦副会長、佐野太文部科学省科学技術・学術政策局長、ならびに、
志満津 孝運営委員長の挨拶のあと、
 第1号議案 平成29年度事業報告及び決算報告について
 第2号議案 会員の入退会について
 第3号議案 平成30年度事業計画及び収支予算について
 その他 新体制について
の4つの議案について報告し審議する予定です。

 改めまして多くの皆様のご出席をお願い申し上げます.


<懇親会>
17:40~19:30に総会会場脇のホワイエにおいて懇親会を
参加費3,000円にて開催しますので是非ご参加ください.

<参加申込み>
総会に参加を希望される方は下記までお申し込みください.
申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
E-mail: info@j-neutron.com
(1) 名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
(4)懇親会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.


メカニカル・テック社が発行している「月刊ソフトマター」の2018年6月号
の特集「ポリマー系ソフトマターの技術と適用」に,BL20「iMATERIA」に
小泉智茨城大学教授らが整備された中性子小角散乱装置が紹介され
ましたのでご案内致します.

下記の資料をご参照ください.

   「 中性子小角散乱 」


なお,この記事につきましては,メカニカル・テック社のウェブサイト

    http://softmatter.mechanical-tech.jp/


をご参照ください.

メカニカル・テック社が発行している「月刊ソフトマター」の2018年5月号
の特集「自動車におけるソフトマターの適用」に中性子産業利用推進
協議会のソフトマター中性子散乱研究会の活動状況が紹介されましたので
ご案内致します.

下記の資料をご参照ください.

   「ソフトマター中性子散乱研究会」


なお,この記事につきましては,メカニカル・テック社のウェブサイト

    http://softmatter.mechanical-tech.jp/

をご参照ください.

メカニカル・テック社が発行している「月刊ソフトマター」の2018年5月号
の特集「自動車におけるソフトマターの適用」に
住友ゴム工業の

  「量子ビームを利用した低燃費タイヤ開発と性能向上」

という記事が掲載されましたのでご案内致します.

下記の資料をご参照ください.

  「量子ビームを利用した低燃費タイヤ開発と性能向上」


なお,この記事につきましては,メカニカル・テック社のウェブサイト

    http://softmatter.mechanical-tech.jp/

をご参照ください.

中性子産業利用推進協議会ほかでは平成30年度の企業向けの中性子産業応用
セミナー(出前講座)につきましては既に3社から申し込みがありましたので
原則募集を終了いたします.悪しからずご了承ください.

なお,非会員企業を含めて小規模な説明会(中性子の産業応用,中性子実験
技術の一部紹介)につきましては引き続き申込みを受け付けますので,事務局
の林SC(E-mai: m_hayashi@cross.or.jp)までご連絡ください.

 中性子産業利用推進協議会とCROSS,茨城県では,J-PARCセンターやJAEA,大学,研究機関のご協力をいただいて,会員企業に出向いて中性子実験技術を紹介する,いわゆる「出前講座」を開催しています.平成30年度に開催を希望される会員企業を募集致しますので下記までお申し込みください.

非会員企業の場合には,別途ご相談に応じていますので,セミナーを開催したいとお考えの企業におかれましてはご連絡ください.

<申込み先>
 CROSS サイエンス・コーディネーター 林眞琴
 E-mail: m_hayashi@cross.or.jp
 TEL: 029-219-5310 Ext.3211 または,090-7002-9236
 (1)企業名,(2)担当者名,(3)連絡先(電話番号,E-mail)
 をご記入の上,メールにてお申し込みください.

講義のメニューは下記の通りです.
1)中性子の産業利用
2)中性子の基礎
3)中性子粉末構造解析
4)中性子小角散乱による材料内部の微細構造解析
5)中性子小角散乱による高分子材料の構造解析
6)構造物内部の残留応力測定
7)金属材料の集合組織と複相材料における相分率測定
8)中性子ラジオグラフィ
9)即発ガンマ線分析
10)中性子反射率測定
11)ガラス・非晶質材料の構造解析
12)準弾性散乱による材料の機能解析

講師は,J-PARCセンター,KEK,JAEA,CROSS東海,茨城大学の方を中心に務めていただきますが,場合によっては,大学や研究機関の方にお願いすることがあります.また,講師の希望があれば応じることができますのでご相談ください.

講義メニューの詳細については下記の資料をご参照ください.

   「中性子技術セミナー」


セミナーは半日程度をかけて行います.上記のメニューの中から,各企業の技術分野・製品分野に応じて5,6件程度を自由に選択していただくことができます.もし,施設側,あるいは,大学や研究機関の研究者を希望される場合はご相談に応じます.