↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

HOME  >  

 2017年10月25日(水)にPF研究会第2回タンパク質結晶構造解析ビームライン中
級者向け講習会(今更聞けないデータ処理プログラムの使い方、上手な回折デー
タの取り方)を開催いたします。
中級者講習会では、それなりの頻度でビームラインを使用しているものの、最
近の技術の進歩をフォローし切れていない気がする方を対象に、現在のPFで出来
ることを学ぶことを目的としています。第2回講習会では、『HKL2000』にかわ
る新しい回折強度データ処理ソフト『XDS』の使用方法、ビームラインの最新情
報、プレートスクリーニング測定の現状を講演いただきます。ユーザーや施設側
のメンバーが集まり、情報交換、ノウハウを共有できる貴重な場となります。
ぜひご参加ください。 
 
詳細は下記HPをご覧下さい。
  http://pfwww.kek.jp/tanpaku/chukyu/2nd.html

[回折データの募集]
 本講習会で利用を推進する回折強度データ処理ソフト『XDS』は、3D profile
fittingによって回折データの処理を行えるacademic-free ソフトウェアの中で
最も普及しているものです。高速かつほぼ自動でのデータ処理、頻度高いソフト
ウェアのアップデート、現代的な検出器にも対応可能など多くの利点を有するこ
とから、海外の主要な放射光でもその利用実績が年々増加しています。しかしな
がら、長年使い慣れており実績もある『HKL2000』などのソフトウェアを利用し
ているユーザーにとって『XDS』は使い勝手が悪いソフトであるという印象を持
つ方も少なくありません。
 そこで、『XDS』でデータ処理を試みたものの、何らかの理由で失敗し、他の
回折強度データ処理ソフトを使用し処理したデータの募集を行います。提供いた
だいたデータを用いてその傾向と対策を共有したいと考えています。皆さんのデ
ータ提供をお待ちしています。

皆様の申し込みをお待ちしております。
連絡先: pxpfug[at]gmail.com

PFタンパク質結晶構造解析グループ幹事会(2017年度)
代表: 清水敏之 (東大・院薬)
幹事: 海野昌喜 (茨大・院理工)・尾瀬農之 (北大・院理)
 藤間祥子 (東大・院薬)・西野達哉 (東理大・基礎工)
 沼田倫征 (産総研・バイオメディカル)・藤橋雅宏 (京大・院理)
email:px_pfug@kek.jp

研究会

皆さま

中性子産業利用協議会と中性子産業利用推進協議会,茨城県では,
平成29年度物質科学研究会を

     BL20「iMATERIA」における学術・産業利用研究

をテーマとして,8月7日(月)にエッサム神田ホール401会議室において
開催することにしていましたが、諸般の事情により、9月下旬以降に延期させていただくことに致しました.既にご予定に入れていただいていた方には大変申し訳ありませんが,なにとぞご了解賜りますようお願い申し上げます.

新しい日程につきましては確定次第ご連絡させていただきますので、ご承知おきいただきたいと存じます.なお、プログラムの内容には変更はない予定です.

以上、宜しくお願い致します.


<問合せ先>

 林 眞琴
 総合科学研究機構中性子科学センター
 茨城県東海村白方162-1
  いばらき量子ビーム研究センター D409
 TEL: 029-219-5310 Ext:3211
 E-mail: m_hayashi@cross.or.jp

             日本中性子科学会第17回年会のご案内

日本中性子科学会第17回年会が12月2-3日、 福岡大学七隈キャンパス(福岡市城南区)において開催されます。
当年会の参加登録ならびに講演申込を以下の年会ウェブサイトにて開始いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。

http://www.jsns.net/jp/html/nenkai/

講演申込み締切り:10月6日(金)
参加費事前割引支払い期限: 10月6日(金)

また、年会のポスターは以下からダウンロードできます。ご活用いただければ幸いです。
  http://www.jsns.net/jp/html/nenkai/poster2017.pdf

                 日本中性子科学会第17回年会実行委員長 山口敏男

中性子産業利用推進協議会では平成29年度総会を7月20日(木)AMに,
また,J-PARCセンターと茨城県,CROSS,中性子産業利用推進協議会
では,平成29年度J-PARC MLF産業利用報告会を7月20日(木)PM-21日
(金)に東京秋葉原コンベンションホールにおいて開催致します.

開催日まで1週間となりましたので最終案内させていただきます.
既に200名近い多くの皆さまから出席の申し込みをいただいていますが,
まだ会場に少し余裕があります.是非この機会に最新の中性子実験技術
や新しい材料技術に関する情報を入手されますようお願い申し上げます.

総会と報告会の詳細につきましては下記資料をご参照ください.

   「中性子産業利用推進協議会平成29年度総会」  
    
総会には会員企業の方だけでなく,非会員企業や大学,研究機関などの一般の
皆さまも参加できますので,報告と合せて多数ご参加いただきますようお願い
致します.

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前
 (2)所属
 (3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)総会に  出席する 出席しない (どちらか消してください)
 (5)J-PARC/MLF報告会に
   20日  出席する  出席しない (どちらか消してください)
   21日  出席する  出席しない (どちらか消してください)
 (6)懇親会(領収書を発行します)に 参加する 参加しない(どちらか消してください)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

J-PARC/MLF産業利用報告会におきましては,初めに,齊藤直人J-PARCセン
ター長と西山崇志文科省量子研究推進室長の挨拶のあと,<セッション1>と<セッション2>において,J-PARCビームラインと茨城県ビームライン,ならびに,CROSSビームラインを使用して得られた産業利用成果など9件報告致します.

20日(木)には<特別講演>として
  「豊田中研における中性子利用」
     菊池 昇 (㈱豊田中央研究所代表取締役 所長)
を予定しています.

21日(金)には,【イノベーションの共創】と題して,J-PARC MLFにおいて産学官連
携によるイノベーションの創出への取り組みの在り方を議論します.<セッション1>と<セッション2>において,産業界から利用成果とニーズを紹介し,施設側から産業界のニーズに対応するシーズ技術を4件紹介します.

<招待講演>として下記の3件を予定しています.
 「量子ビーム利用による産学連携の現状とMLFへの期待」
      田中敬二(九州大学)

 「高密度水素化物の材料科学」
     折茂慎一(東北大学)

 「ネオジム磁石,過去,現在,未来」
     佐川真人(インターメタリックス)
を予定しています.

<ポスターセッション>ではMLFに設置されている中性子実験装置の紹介と産業利用例の報告,ならびに,利用相談会を軽い飲食を交えながら行います.

是非ご参加いただきますようお願い申し上げます.20日(木)夕方には参加費3,000円にて懇親会を開催します.こちらにもご参加いただきますようお願い申し上げます.

第9回日本放射光学会
  放射光基礎講習会「初心者のための放射光入門講座」開催のお知らせ


日本放射光学会では、第9回放射光基礎講習会「初心者のための放射光入門講座」を開催することになりましたのでご案内いたします。放射光の特性を有効に活用するために必要な、放射光の原理、基礎から最先端の応用までご紹介いたします。放射光を新たに活用して研究や開発を始めようとしている学生、産業界・学術機関の研究者の皆さまの参加をお待ちしております。


・基礎講習会 URL: http://www.jssrr.jp/lecture_meeting9/
・開催日:2017年9月13日(水)、14日(木)
・会場:東京大学本郷キャンパス 工学部14号館 142講義室
 URL:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_15_j.html

・プログラム
【2017年9月13日(水)(1日目)】
13:00〜13:10 会長挨拶(石川哲也(会長))、趣旨説明(矢代航(行事幹事))

【基本編】
13:10〜14:40 「放射光源について(仮題)」
               北村英男(理研名誉研究員)
14:50〜16:20 「ビームライン光学技術入門」
               大橋治彦(JASRI)
16:30〜17:30 「X線を集める」
               三村秀和(東大工)
17:40〜19:00 交流会

【2017年9月14日(木)(2日目)】

9:30〜10:30 「偏光の基礎と利用研究」
               平野馨一(KEK)
10:40〜11:40 「コヒーレンスとイメージング」
               矢代航(東北大)
13:00〜14:30 「放射光を測る」
               岸本俊二(KEK)
14:40〜15:40 「X線と物質との相互作用--線形から非線形まで」
               玉作賢治(理研)

【応用編】先端研究の現場から
15:50〜16:30 「走査型蛍光X線顕微鏡を用いた基礎医学研究」
               志村まり(国立国際医療研究センター研)
16:30〜17:10 「放射光を用いた鉄文化財の非破壊分析ー材料特性と製作技術の
         解明にむけてー」
               田中眞奈子(昭和女子大)
17:10〜17:50 「放射光施設を利用した頭髪化粧品メーカーの取り組み」
               伊藤廉((株)ミルボン)
17:50〜18:00 閉会の挨拶(行事幹事)

・参加費
 学会員(一般):1,000円
 学会員(学生):無料
 非会員(一般):5,000円
 非会員(学生):1,000円
 非会員(共催団体会員・職員):3,000円
 非会員(共催団体・学生):500円

・交流会参加費:無料

*****************************************************
日本放射光学会事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4号
大阪駅前第4ビル9階923-1121号
株式会社ポラリス・セクレタリーズ・オフィス内
TEL:070-5564-1963 FAX:06-6345-7931
E-mail:jssrr@jssrr.jp
URL:http://www.jssrr.jp
*****************************************************