↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

「京大炉におけるビーム利用のための次期中性子源検討Ⅳワークショップ」
を開催致します.小型中性子源に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

日時:平成28年12月27日(火) 13時半から18時半頃まで
場所:京都大学原子炉実験所 事務等大会議室
    大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目1010
    https://www.rri.kyoto-u.ac.jp/access)

本ワークシップは京大炉の次期中性子源計画を念頭においておりますが、広く中性子源開発、ビーム制御等、中性子に関する基礎・基盤に関する議論を深めることを目指しております。そのため日本中性子科学会基礎基盤部会との共催の形にさせて頂いております。下記にプログラムを記載します。

プログラム:
13:30-13:55 KURの現状とワークショップ趣旨説明
               日野正裕(京大炉)

13:55-14:20 サイクロトロンを用いたBNCT用加速器中性子源
               田中浩基(京大炉)

14:20-14:45 冷中性子源解析と関連コード開発
               安部 豊(京大工)

14:45-15:10 理研RANSにおけるターゲット、減速体、光学素子開発
               山形 豊(理研)

15:10-15:35 理研中性子源による新たな展開
               大竹淑恵(理研)

15:35-16:00 名古屋大学小型中性子源(NUANS)と新中性子源検討
               清水裕彦(名大理)

休憩 16:00-16:15

16:15-16:40 JRR-3ビーム利用について
               武田全康(原子力機構)

16:40-17:05 物構研ビーム利用と将来計画
               大友季哉(高エネ機構)

17:05-17:30 パルス及び定常中性子源による物性研究を例とした中性子科学
       ロードマップの重要性
              藤田全基(東北大金研)

17:30-18:30  綜合討論
 小型-中型ー大型施設をつなぐサイエンス、中性子源・デバイス開発
 話題提供:UCNAS報告 広田克也(名大理)

19:00- 懇親会

年末の大変お忙しい時期ですが、ご興味にある方のご参加をお願い申し上げます。参加ご希望の方はお手数ですが、日野(hino@rri.kyoto-u.ac.jp)までご連絡願います。

以上,どうぞよろしくお願い申し上げます。

<問合せ先>
京都大学原子炉実験所 粒子線基礎物性研究部門 
中性子応用光学研究分野 日野正裕
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/neutron/optics/index.html