↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

HOME  >  

中性子産業利用推進協議会では平成29年度総会を7月20日(木)AMに,
また,J-PARCセンターと茨城県,CROSS,中性子産業利用推進協議会
では,平成29年度J-PARC MLF産業利用報告会を7月20日(木)PM-21日
(金)に東京秋葉原コンベンションホールにおいて開催致します.

開催日まで1週間となりましたので最終案内させていただきます.
既に200名近い多くの皆さまから出席の申し込みをいただいていますが,
まだ会場に少し余裕があります.是非この機会に最新の中性子実験技術
や新しい材料技術に関する情報を入手されますようお願い申し上げます.

総会と報告会の詳細につきましては下記資料をご参照ください.

   「中性子産業利用推進協議会平成29年度総会」  
    
総会には会員企業の方だけでなく,非会員企業や大学,研究機関などの一般の
皆さまも参加できますので,報告と合せて多数ご参加いただきますようお願い
致します.

<参加申込み>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前
 (2)所属
 (3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)総会に  出席する 出席しない (どちらか消してください)
 (5)J-PARC/MLF報告会に
   20日  出席する  出席しない (どちらか消してください)
   21日  出席する  出席しない (どちらか消してください)
 (6)懇親会(領収書を発行します)に 参加する 参加しない(どちらか消してください)
をご記入の上,メールにてお申込みください.

J-PARC/MLF産業利用報告会におきましては,初めに,齊藤直人J-PARCセン
ター長と西山崇志文科省量子研究推進室長の挨拶のあと,<セッション1>と<セッション2>において,J-PARCビームラインと茨城県ビームライン,ならびに,CROSSビームラインを使用して得られた産業利用成果など9件報告致します.

20日(木)には<特別講演>として
  「豊田中研における中性子利用」
     菊池 昇 (㈱豊田中央研究所代表取締役 所長)
を予定しています.

21日(金)には,【イノベーションの共創】と題して,J-PARC MLFにおいて産学官連
携によるイノベーションの創出への取り組みの在り方を議論します.<セッション1>と<セッション2>において,産業界から利用成果とニーズを紹介し,施設側から産業界のニーズに対応するシーズ技術を4件紹介します.

<招待講演>として下記の3件を予定しています.
 「量子ビーム利用による産学連携の現状とMLFへの期待」
      田中敬二(九州大学)

 「高密度水素化物の材料科学」
     折茂慎一(東北大学)

 「ネオジム磁石,過去,現在,未来」
     佐川真人(インターメタリックス)
を予定しています.

<ポスターセッション>ではMLFに設置されている中性子実験装置の紹介と産業利用例の報告,ならびに,利用相談会を軽い飲食を交えながら行います.

是非ご参加いただきますようお願い申し上げます.20日(木)夕方には参加費3,000円にて懇親会を開催します.こちらにもご参加いただきますようお願い申し上げます.

KEK物質科学研究所ほかでは,平成29年度の粉末構造解析ソフトウエアZ-Codeの中級者向け講習会を11月2日(木)に開催することになりましたのでご案内致します.

J-PARC/MLFの粉末構造解析が可能な装置を利用して,回折データの解析経験がある方が対象です.その経験の元に,実際に測定された各種結晶構造の回折データを用いて少し高度な解析を実習します.Windows版だけの実習を行いますので,Windows PCをご持参ください.Windows OSはWindows 7, 8, 10です.多くの皆さまの参加をお待ちしています.

なお、詳細が未定です。確定次第ご案内させていただきますので、HPをご参照ください。

<申込み方法>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address)
をご記入の上,メールにて10月26日(木)までにお申込みください.

主催:J-PARCセンターMLFディビジョン,KEK物質構造科学研究所
   茨城県,茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター
   中性子産業利用推進協議会,(一財)総合科学研究機構中性子科学センター
開催日時:平成29年11月2日(木)9:30~17:00
場所:LMJ東京研修センター2F特大会議室
   http://www.lmj-japan.co.jp/kaigishitu/02-1/
   〒113-0033 東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル
   TEL: 03-5842-6690
   水道橋駅からのアクセスは下記を参照ください.
   http://www.lmj-japan.co.jp/kaigishitu/02-1/suidobashi.html

参加費:無料
資料代として2,000円いただきます.なお,中性子産業利用推進協議会の会員企業の皆様は無料です.資料代は当日徴収させていただきます.領収書を発行します.

講義概要:
文献等の構造情報に基づき,構造パラメータを理解しながら少し高度な構造解析をほとんど指導を受けずに行えるようになることを目指します.内容としては,
 1)X線と中性子データをリートベルト解析する
 2)構造パラメータや原子間距離等を求め,報告書等の執筆に必要な表記法を
  学ぶ
 3)込み入った制約条件を使いこなす
 4)MEM解析を行う
 5)磁気構造を解析する

プログラム(調整中)
9:30-10:15 Z-RietveldとZ-3Dを用いた結晶構造解析
10:15-12:05 Z-Rietveldの中級者向け実習
12:05-13:00 昼 食
13:00-14:50 Z-Rietveld/Z-MEMの実習

14:50-15:00 休 憩
15:00-16:40 Z-Rietveldを用いた磁気構造解析
16:40-17:00 質疑応答
17:00 終 了

<問合せ先>
不明な点がありましたら下記までお問合せください.
 茨城県産業利用コーディネーター 峯村哲郎
 E-mail: mimemura@ibaraki-neutrons.jp

オーストラリアのANSTOから「第6回中性子実験装置の設計と工学」の開催案内が届いていますのでご案内致します.関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.

詳細につきましては下記のURLをご参照ください.

   http://www.ansto.gov.au/Events/DENIMVI/index.htm

   6th Design and Engineering of Neutron Instruments Meeting 2017

We are pleased to announce that the 6th Design and Engineering of Neutron Instruments meeting will be held in Sydney, Australia, on 29 November through to 1 December 2017. This will prove to be an essential conference for all scientists, engineers and technicians interested in the project management, design, specification, fabrication, acceptance testing, operation maintenance and upgrades of neutron scattering instruments. We look forward to seeing you Downunder next summer!

Regards,

Scott Olsen, Kelly Cubbin, Stewart Pullen & Kirrily Rule
(Denim 2017 Organising Committee)

皆さまから中性子回折に関するテキストにどういうものがあるのかとの問合せをたびたびいただいています.そのため,中性子産業利用推進協議会では,下記の2つのテキストにつきまして,もし,購入希望者が50名以上おられるようであれば,追加で印刷して頒布したいと思います.価格は実費+送料ですので市価よりかなり安くなっていると思います.是非ご購入ください.

1)中性子の基礎と応用
 RADIOISOTOPES連載講座
 日本アイソトープ協会
 非売品
 5,000円(送付料込み)

2)中性子イメージング技術の基礎と応用
 RADIOISOTOPES連載講座
 日本アイソトープ協会
 非売品
 4,000円(送付料込み)

<購入申し込み>
購入を希望される方は下記までお申し込みください.
 申込み先:中性子産業利用推進協議会 事務局 大内 薫
 E-mail: info@j-neutron.com
 (1)名前,(2)所属,(3)住所,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
をご記入の上、メールにてお申込みください。

なお,募集締め切りは5月20日(土)とさせていただきます.

購入希望者が50名に達しない場合には価格が上昇しますので,販売中止と
させていただきます.予めご了承ください.

<問合せ先>
林眞琴
総合科学研究機構 中性子科学センター(CROSS東海)
茨城県東海村白方162-1
 いばらき量子ビーム研究センター D409
TEL: 029-219-5310 Ext:3211
E-mail: m_hayashi@cross.or.jp

皆さまから中性子回折に関するテキストにどういうものがあるのかとの問合せをたびたびいただいていますので,関連するX線回折に関するものも含めてご紹介致します.

4)の野田先生の書籍がこの1月に発行になったことを忘れていましたので
追記しました.

1)中性子回折
 星埜禎男 責任編集
 実験物理学講座22
 共立出版
 1976年9月(絶版)

2)中性子散乱
 遠藤康夫著
 朝倉物性物理シリーズ9
 朝倉書店
 2012年4月
 4,000円

3)X線・中性子の散乱理論入門
 D. S. Sivia著(竹中章郎・藤井保彦共訳)
 森北出版
 2014年4月
 3,600円


4)結晶学と構造物性入門 ー入門から応用、実践までー
 野田幸男 著
 内田老鶴圃
 2017年1月
 4800円

5)中性子の基礎と応用
 RADIOISOTOPES連載講座
 日本アイソトープ協会
 非売品
 中性子産業利用推進協議会に20部ほど残部あり
 実費(5,000円)にて頒布します.
 ※購入希望者が多い場合には増刷も可能

6)中性子イメージング技術の基礎と応用
 RADIOISOTOPES連載講座
 日本アイソトープ協会
 ※購入希望者が多い場合には中性子産業利用推進協議会にて
  印刷し実費(4,000円)にて頒布します.

7)Neutron Protein Crystallography
 IUCr Monographs on Crystallography 25
 N. Niimura, A. Podjarny
 Oxford Science Publications
 May, 2010

8)X線回折ハンドブック
 株式会社リガク
 非売品(リガク担当者にご相談ください)