中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

アクセスカウンター

                              2019年1月23日
                               茨城大学
                               住友ゴム工業株式会社
                               茨城県
                               J-PARCセンター

   新開発の量子線顕微装置でタイヤ用ゴム材料物質の
           選択的な観測に初成功

     ~製品や使用後の製品そのものの評価が可能に 
                他の材料への利用展開にも期待~

茨城大学の小泉 智教授、能田洋平講師、前田知貴助教らの小角散乱グループは、高分子複合材料の精密解析を可能とする新しい量子線顕微装置を開発し、さらに、住友ゴム工業株式会社と共同で、本装置を用いてタイヤ用ゴムに含まれる様々な材料を選択的に観測することに初めて成功しました。

従来の中性子利用観察方法では、重水素置換法が不可欠でしたが、本手法により製品そのものや使用後の評価が可能になり、他の製品への利用展開も大いに期待されます。

今回開発したのは、高レベルの水素核スピン偏極を動的に制御することで、素材の特定の成分を強調した観測画像を得られる「動的核スピン偏極コントラスト変調中性子小角散乱装置」(DNP-SANS)というものです。この装置は、大強度陽子加速器施設(J-PARC/茨城県東海村)に茨城県が設置した「茨城県材料構造解析装置(iMATERIA)」に整備され、今後は同装置を使ったほかの複合材料の観察も可能となります。

詳細につきましては下記のURLをご参照ください.
  https://j-parc.jp/c/press-release/2020/01/23000390.html

「iMATERIA」の核スピン偏極小角散乱測定装置のご利用をお待ちしています.