↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

茨城県中性子利用促進研究会では,平成28年度小角散乱分科会を

     iMATERIA における小角散乱機能の進展

をテーマに11月1日(火)に東京神田のエッサム神田ホールにおいて開催することは既にご案内済みかと思いますが,詳細案内が纏まりましたので改めてご案内致します.
詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

   平成28年度小角散乱分科会


中性子小角散乱解析に関心をお持ちの皆さまの参加をお待ちしています.


<参加申込み方法>
参加を希望される方は下記までお申し込みください.
 茨城県中性子利用促進研究会 事務局 田中志穂
 E-mail: tanaka@ibaraki-neutrons.jp
 TEL: 029-352-3301
 (1)名前,(2)所属,(3)連絡先(電話番号,E-mail address),
 (4)交流会への参加の有無(領収書を発行します)
をご記入の上,メールにてお申込みください.取りまとめの都合上,
できるだけ10月28日(金)までにご連絡をお願い致します.

主催:茨城県中性子利用促進研究会
共催:中性子産業利用推進協議会
協賛:(一財)総合科学研究機構中性子科学センター(CROSS 東海)
   J-PARC/MLF 利用者懇談会

日時:平成28年11月1日(火) 13:00-16:50

場所:エッサム神田ホール1号館 401会議室
   〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
   http://www.essam.co.jp/hall/access/#access_1

参加費:無料

趣旨:
茨城県料構造解析装置(iMATERIA)では,平成26年11月に小角散乱機能を整備して供用を開始しました.この1年で一層の高性能化が進むとともに,スピン偏極コントラスト変調法のような世界に先駆けた機能の準備も進めています.今回は,放射光などの量子ビームによる小角散乱解析の事例も紹介しながら,iMATERIAでの小角散乱機能向上の取り組みと最新の実験例を紹介します.

プログラム:
13:00-13:05 開会挨拶
          分科会代表:小泉 智(茨城大)

13:05-13:25 iMATERIA における中性子産業利用
                富田俊郎(茨城県)

13:25-13:50 iMATERIA 小角散乱機能の現状
                小泉 智(茨城大)
<チュートリアル>
13:50-14:25 小角散乱による微粒子分散系の解析
                原田雅史(豊田中研)

14:25-15:00 コントラスト変調SANS の現状と展開
                能田洋平(茨城大)
15:00-15:15 休憩

<最近の実験例>
15:15-15:45 フッ素系界面活性剤の溶液構造、燃料電池触媒の理解に向けて
                稲田拓美(茨城大)

15:45-16:15 表面修飾ナノ粒子の構造解析
                蟹江澄志(東北大)

16:15-16:45 高分子-クレイブレンドハイドロゲルの構造解析
                武野宏之(群馬大)工藤佳宏(日産化学)

16:45-16:50 閉会挨拶(今後の予定など)
                峯村哲郎(茨城県)

<交流会>:17:00~19:00
神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します。参加費は2,000円です。
講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので,是非ご参加ください。
参加希望者は10月28日(金)までに登録してください.参加費は当日いただきます。
なお,当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます。