中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

アクセスカウンター

県内中性子利用連絡協議会では,令和元年度県内中性子利用連絡協議会総会を下記のとおり開催しますのでご案内致します.
今回は,特別講演として,齊藤直人J-PARCセンター長が、
「J-PARCで未来を加速する」
と題して講演されます.
また、会場内に企業紹介パンフレット陳列コーナーを設け、会員間の交流の
場を用意しています.
是非ご出席いただきますようお願い致します.

                     記
開催日時:
 令和元年6月20日(木)13:30~16:50 (受付開始:13:00)

開催場所:
 いばらき量子ビーム研究センター2F B201多目的ホール
 那珂郡東海村大字白方162-1

開催内容:
1)挨拶
県内中性子利用連絡協議会 会長 須賀伸一
茨城県産業戦略部技術振興局 局長 飯塚一政

2)「平成30年度活動実績と令和元年度活動計画について」 事務局

3)「中性子産業利用の現状と茨城県の取り組みについて」
   茨城県産業戦略部 児玉弘則技監

4)会員企業のJ-PARC利用事例報告
「中性子回折による圧入部品の内部応力解析」
   茨城大学大学院 理工学研究科量子線科学専攻 西野創一郎准教授

5)会員企業のJ-PARC受注事例報告
「水銀ターゲット調査用遠隔操作装置の開発」
     株式会社関東技研 社長室 事業開発部副技師長 遠藤洋
     株式会社関東技研 設計グループ管理責任者   澤幡優

6)特別講演
「J-PARCで未来を加速する」
  J-PARCセンター センター長 齊藤直人

要旨:大強度陽子ビームを擁した多目的研究施設J-PARCは、中性子ビーム、ミュオンビーム、ニュートリノビームなどの二次粒子を大量に生成し、物質の構造や機能、自然の成り立ちを研究する手段を広く世界と共有することで、社会に新たな知見をもたらすことを目指しています。本講演では、施設の現在についてご報告し、人類の未来について一緒に考えてみたいと思います。

 8)閉会
   県内中性子利用連絡協議会副会長 小野 洋伸

 9)会員間交流
会場後方に会員企業パンフレット展示コーナーを設けています.ご活用ください.

参加を希望される方は下記までお申込みください.
《問合せ先》
  県内中性子利用連絡協議会事務局(IQBRC駐在)
  ひたちなかテクノセンター 
     石田正浩 ishida@htc.co.jp TEL:029-287-7545