↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

この度、日本中性子科学会(基礎基盤部会)、J-PARCセンター、JCANSが共同
でJ-PARCワークショップ「小型から大型中性子源の施設連携研究会」を開催する
ことになりましたのでご案内致します.ご参加いただきますようお願い致します.
本研究会は,小型から大型までの中性子源施設関係者が一同に会して、現状・
応用例等について発表を行う初めての会です。

詳細につきましては下記のプログラムをご参照ください.

   J-PARCワークショップ プログラム

                  記

     「小型から大型中性子源までの施設連携研究会」

日時:2019 年3 月28 日(木)10:00~16:00

場所:東京大学 農学部 弥生講堂 一条ホール

主催:中性子科学会、J-PARC、JCANS(日本加速器駆動中性子源協議会)

<趣旨>
中性子は、物質・材料研究、産業応用と色々な分野に使われています。そのため
の施設としては、小型中性子源もかなり普及し、京大原子炉は順調に稼働し、
J-PARC中性子源も着実に出力上昇が行われています。一方、ユーザーからは、
より使い易い中性子源が求められています。中性子施設側としても中性子資源の
より効率的な運用と、今後の発展のために、研究交流、人材育成、人材(人事)
交流などが重要な時期になってきていると思います。小型は小型独自の成果が
求められますし、大型と協力することによって更なる研究開発の展開がおきる
こともあると考えられます。小型が適切に発展し、中型・大型施設の展開にも
貢献できるような関係の構築が望まれます。

このような背景のもと、中性子科学会(基礎基盤部会)とJCANS,J-PARCが
中心となって小型から大型までの施設連携研究会を開催します。このような
用途の日本の中性子源が一同に会して行う初めての研究会です。

ご参加いただければ幸いです。


鬼柳善明、広田克也