↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

茨城県では,茨城県中性子ビームライン(iBIXおよびiMATERIA)を活用する
茨城県プロジェクト研究(平成30年度)につきまして本日12月26日(火)
から募集を開始しましたのでお知らせいたします。

みなさまの積極的なご応募をお待ちしております。

なお,申請にあたりましては,次の点にご留意ください。

・iBIXは,年2回,募集を受け付けます。

・iBIXで採択された課題(タンパク質単結晶に係る課題に限る)については,
 本測定の前に必ずテスト測定(4月,12月)を行っていただきます。
  ※第1回のテスト測定期間が4月のため,予めご準備ください。

・iBIXにおけるタンパク質の課題をご応募される方で,すでにタンパク質の結晶ができている場合には,備考・その他特記事項の欄にタンパク質のサイズ(体積),すでにテスト測定を終えている場合には,その結果等,タンパク質の具体的な状態をご記入ください。

・申請にあたっては,必ず事前に,技監又は担当コーディネーターまでご相談ください。

・実験終了後は,60日以内に実験報告書をご提出いただくほか,
 得られた成果については,原則として,以下のとおり提出していただきます。
 実験終了後1年以内:論文に準ずる報告書及びパワーポイントプレゼン資料(A4で1~2枚)実験終了後3年以内:査読付論文(国際会議のプロシーディングスを含む)の別刷rり,
            もしくは,プロティンデータバンク(PDB)登録※
             ※タンパク質単結晶に係る課題の場合

詳細につきましては,茨城県中性子ビームライン産業利用HPをご覧ください。
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kagaku/j-parc/sangyou.html

H30県プロ募集要項

H30県プロ提案申請書

===================================================

   平成30年度 茨城県中性子ビームライン 県プロジェクト研究 募集要項(抜粋)

<県プロジェクト研究について>
 以下のいずれかを目的とした茨城県中性子ビームラインを利用する研究について,
 ビームタイムの付与を前提に採択します。
 ・産業界を先導するような革新的研究
 ・装置の高度化に資する研究
 ・中性子研究者育成のための教育・研修利用

<利用可能装置>
 利用可能な実験装置は,以下のとおりです。
 ・茨城県生命物質構造解析装置(iBIX / BL03)
 ・茨城県材料構造解析装置(iMATERIA / BL20)
  なお,平成30年度における陽子ビームの出力は500kW程度を予定しています。

<利用期間>
 ・iBIX / 平成30年4月~11月(第1回),平成30年12月~平成31年3月(第2回)
 ・iMATERIA / 平成30年4月~平成31年3月

<応募資格>
 提案者(研究責任者)は,大学,研究機関,県立試験研究機関などに属する方とし
ます。

<応募受付>
 ・iBIX /平成29年 12月26日~平成30年1月26日(第1回),
     平成30年7月23日~平成30年8月24日(第2回)
 ・iMATERIA / 平成29年12月26日~平成30年1月26日

<応募方法>
 必要書類を作成の上,以下の要領でご提出ください。
 申請にあたっては,必ず事前に,「問合せ先」まで実験方法等についてご相談くだ
さい。

(1)提出書類  県プロジェクト研究 提案申請書(ワードファイル形式・別添様式)
         これまでの研究成果の概要(パワーポイント形式・A4・1~2枚)※継
続申請者のみ
(2)提出先   info-neutron@pref.ibaraki.lg.jp  ※電子メールにてご提出
ください。
          いばらき量子ビーム研究センター 茨城県事務室 TEL:029(352)
3301
(3)備  考  審査結果については,電子メールにてお知らせします。

<利用料金>
 無料

<提案者(研究責任者)の責務>
 ・実験終了後,60日以内に実験報告書を提出していただきます。
  また,報告書等の内容について照会があった際には,2週間以内に対応していた
だきます。
 ・得られた成果については,原則として,以下のとおり提出していただきます。
   実験終了後1年以内:論文に準ずる報告書及びパワーポイントプレゼン資料
(A4・1~2枚)
   実験終了後3年以内:査読付論文(国際会議のプロシーディングスを含む)の
別刷り,
             もしくは,プロティンデータバンク(PDB)登録※
  なお,提出いただいた資料等は,茨城県がビームラインの広報啓発活動のために
使用します。
 ・県が実施する研究会及び成果報告会等において,研究成果を発表していただく場
合があります。
  ※タンパク質単結晶に係る課題の場合

<問合せ先>
  利用相談は応募受付期間だけでなく,常時行なっています。
  お気軽にお問い合わせください。

 【測定に関すること】
    プロジェクトディレクター  茨城県企画部技監  富田 俊郎
      E-mail: t.tomida@pref.ibaraki.lg.jp  TEL: 029-352-3302
    産業利用コーディネーター(iBIX)    今野 美智子
      E-mail: mkonno@ibaraki-neutrons.jp  TEL:029-352-3304
    産業利用コーディネーター(iMATERIA) 峯村 哲郎
      E-mail: minemura@ibaraki-neutrons.jp TEL: 029-352-3303  

 【申請手続に関すること】
   いばらき量子ビーム研究センター 茨城県事務室 ビームライン担当
    〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1
    E-mail(共通): info-neutron@pref.ibaraki.lg.jp
    TEL: 029-352-3301

_________________________________
茨城県 企画部 科学技術振興課
いばらき量子ビーム研究センター 茨城県事務室
〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1
TEL:029-352-3301 ,FAX:029-352-3309
E-mail : info-neutron@pref.ibaraki.lg.jp
HP : http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kagaku/j-parc/sangyou.html
   (茨城県中性子ビームラインの産業利用)