↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 


日本中性子科学会2016年会において「産業利用セミナー」と「利用相談デスク」を開催しますのでご案内致します.多くの企業の皆様の参加をお待ちしています.

詳細につきましては下記の資料をご参照ください.

   2016年会「産業利用セミナー」

開催日時:2016年12月2日(金)9:30~12:00
開催場所:名古屋大学 豊田講堂
主 催 :日本中性子科学会
共 催 :J-PARC物質・生命科学実験施設、総合科学研究機構中性子科学センター
     京都大学原子炉実験所
     高エネルギー加速器研究機構構造科学研究所
     東京大学物性研究所
     日本原子力研究開発機構 原子力科学研究部門 物質科学研究センター
協 賛 :中性子産業利用推進協議会  他

参加費:無料
 ※同時に開催される中性子科学会年会への参加には入会手続・参加登録が
   必要です.

<参加登録>
「産業利用セミナー」は当日会場にて受け付けますので事前登録は不要です.
「産業利用相談デスク」は事前登録が必要です.詳細については下記の
「産業利用相談デスク」の項をご参照ください.

「産業利用セミナー」プログラム
<企業向け中性子基礎講座>
中性子を用いた各種測定手法の基本原理から,実際の測定・解析での注意点,X線など他の測定との相補性など,実例を交えて解説します.

座長:三和田靖彦(理化学研究所)

9:30-9:50 産業界によるMLF共用BLの活用
                    福嶋喜章(CROSS)

9:50-10:10中性子を用いた可視化技術とその産業利用
                    篠原武尚(J-PARC)

10:10-10:30 中性子反射率による表界面・薄膜の評価技術と産業応用
                    宮崎 司(CROSS)

<J-PARC産業利用ビームライン・小型中性子源活用法>
J-PARC産業利用ビームラインや小型中性子源での活用事例・その成果を利用までの手続きや手順などを含めて紹介します.

座長:三和田靖彦(理化学研究所)

10:40-11:00 茨城県材料構造解析装置(iMATERIA)の概要とその利用について
                    石垣 徹(茨城大)

11:00-11:20 J-PARC MLFの中性子産業利用
                    富田俊郎 (茨城県)

11:20-11:40 工学材料回折装置「匠」の特徴と測定例
                    川崎卓郎 (J-PARC)

11:40-12:00 現場で使える理研小型中性子源RANSの実用化に向けた挑戦
                    大竹淑恵(理研)

「産業利用相談デスク」
12月1日(木)10:00から18:10まで、12月2日(金)9:30から15:00まで
 中性子の利用に関心のある企業の方から,具体的な利用相談を個別にお受け
 します。事前予約制のため、下記の参加申込書に相談内容とご希望の
 時間帯をご記入の上,総合科学研究機構中性子科学センターの
 宮崎司(Fax:029-219-5311,または,
 E-mail:t_miyazaki@cross.or.jp)までお送りください。

   開催案内・参加申込書

相談デスク、セミナーともに参加費は無料ですが、同時開催されます中性子科学会年会への参加には入会手続・参加登録が必要です。参加手続きについては、年会ホームページ(http://www.jsns.net/jp/html/nenkai/)をご参照ください。