中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

アクセスカウンター

茨城県中性子利用研究会ほかでは,第2回金属組織中性子解析セミナーを
以下のとおり開催いたしますので,ご案内いたします。詳細は下記をご覧ください。

   第2回金属組織中性子解析セミナー

<参加申込み先>
下記申込みフォームからお申し込みください。定員制(15名)ですので、定員になり次第、締切らせていただきます。(申込み締切:令和2年1月8日(水))

➡参加申込みフォーム

入力いただいたメールアドレスにお申し込み確認のメールが自動的に送信されます。返信がご確認いただけない場合は、下記事務局へメールにてお申し込みください。
茨城県中性子利用研究会 事務局 田中志穂
E-mail: tanaka@ibaraki-neutrons.jp
  (1)名前、(2)所属、(3)連絡先(電話番号、E-mail address)をご記入ください。


         第2回金属組織中性子解析セミナー
     -小角散乱による金属材料のナノ構造解析-

共催:茨城県中性子利用研究会
    中性子産業利用推進協議会

日時:令和2年1月15日(水) 10:00-16:55
場所:エッサム神田ホール2号館602会議室
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2 TEL: 03-3254-8787 
 http://www.essam.co.jp/hall/kaijo/index.html
講師:大沼 正人 北海道大学大学院 工学研究院 教授

参加募集人数:15名(定員になり次第、締切らせていただきます)

参加費:参加費は無料ですが、資料代として¥2,000いただきます。なお、中性子産業利用推進協議会の会員の皆様は無料です。資料代は当日徴収させていただきます。領収書を発行します。
*協議会の会員企業の確認はこちら:
http://www.j-neutron.com/participation/


☆セミナーの趣旨
J-PARC MLFに設置された茨城県材料構造解析装置 "iMATERIA"では、TOF型中性子散乱により金属材料を中心とした材料組織(集合組織、複相分率、転位組織、ナノ構造(小角散乱)など)を迅速かつ高精度に測定・解析できる手法を構築しつつあります。本セミナーは、こうした中性子構造解析手法を一般の方々に身近に使っていただくための講習会です。前回(昨年度)は集合組織・複相分率解析を取り上げましたが、今回は小角散乱法による金属材料のナノ構造解析に焦点をあて、講義と実習を通じて解析手法を修得いただくことを目的としています。

☆プログラム
10:00-10:05 開講挨拶
10:05-11:15 金属材料小角散乱解析の基礎
11:15-12:00 実習1:散乱長の算出
12:00-13:00 昼 食        
13:00-14:30 実習2:実際のプロファイル解析〜基礎編〜
              球・楕円体・円柱          
14:30-16:30 実習3: 実際のプロファイル解析〜少し応用編〜
              サイズ分布と形状異方性〜ピークのある系
16:30-16:50 まとめ(質疑応答)
16:50-16:55 閉講挨拶

☆事前準備事項
参加登録された方は、セミナー受講までに下記をご準備下さい。
(1)実習用PCをご準備いただき、当日持参下さい。
    PC仕様:Windows またはMAC;8GB以上のRAMを搭載した64ビットOS
(2)セミナーでの実習には、データ処理ソフトウェアIgor(ver. 6以降)が必要ですので、事前にご準備下さい。解析プログラムはIgorのprocedure fileとして提供し、これをIgorの回帰分析上で動かす予定です。


<問い合せ先>
何か不明な点などがございましたら、メールにて下記へお問い合わせ下さい。

茨城県ビームライン産業利用コーディネーター 峯村哲郎
E-mail: minemura@ibaraki-neutrons.jp
TEL: 029-352-3303