中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

アクセスカウンター

理化学研究所と東京工業大学が小型中性子源RANS-Ⅱの開発に関して
11月18日にプレスリリースされましたのでご紹介します.

                                2019年11月18日
                                  理化学研究所
                                  東京工業大学

   現場利用のための「理研小型中性子源システム RANS-Ⅱ」
       -容易に移設可能な加速器中性子源の開発-

理化学研究所光量子工学研究センター中性子ビーム技術開発チームの小林
知洋専任研究員、池田翔太研究員、大竹淑恵チームリーダー、池田裕二郎
特別顧問と東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所の林﨑規託
教授の共同研究チームは、容易に移設できるコンパクトサイズの「理研小型
中性子源システムRANS-II」を開発し、計測実験に十分な中性子線の発生に
成功しました。

本研究成果は、コンクリートインフラ構造物内部の現場における劣化診断や、
一般企業の研究所や工場に必要な期間だけ設置して原料や製品の解析に
使用するなど、機動的な中性子利用が期待できます。

今回、共同研究チームは、2013年に発表した「理研小型中性子源システム
RANS」をさらに小型軽量化したRANS-Ⅱを開発しました。RANS-Ⅱでは
RANSよりも陽子線の加速エネルギーを小さくし、標的をベリリウムから
リチウムにすることで、加速器重量を1/2に、標的を囲む遮蔽体重量を1/7
程度に、装置の長さを1/3に抑制できました。2019年7月の施設検査合格以降、
加速器の調整を重ね、各種計測実験が可能な状態になっています。

本研究は、台湾で開催された「第3回アジア・オセアニア中性子散乱に関する
会議AOCNS2019」(11月18日)において発表されました.

詳細につきましては下記のURLをご参照ください.
  https://www.riken.jp/press/2019/20191118_4/index.html