↑member only

中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

カウンタ: 

2017年10月28日(土)~30日(月)に電気通信大学において下記の国際シンポジウムを開催することになりましたのでご案内致します.ナノ物質・触媒・表面に関心をお持ちの皆さまの参加登録をお待ちしています.

国際シンポジウム
"Future Earth"エネルギー課題に資する新奇なナノ物質・触媒・表面
 ―その場&オペランドXAFS及びX線手法による物質研究、キャラクタリゼーション
  及びイメージング―
    (電気通信大学創立100周年記念国際シンポジウム)

日時:2017年10月28日(土)~10月30日(月)
主催: 電気通信大学
   http://www.uec.ac.jp/eng/
   http://www.iwasawalab.pc.uec.ac.jp/uec.int.symp/

シンポジウムの趣旨:
気候変動、急速な人口増加、地球規模の問題などにより、クリーンエネルギーと環境に配慮した持続可能な社会の基盤を構築するための革新的な科学技術の開発を目的とした国際的な取り組みが始まっています。
具体的には、「未来の地球(Future Earth)」の課題を解決するために、科学者やエンジニアは、エネルギー材料、表面科学、分子およびナノ触媒化学、関連するエネルギーベースの科学技術の開発などの学際的研究を展開しています。
電気通信大学(UEC, Tokyo)では、NEDO燃料電池プログラムの下、SPring-8ビームラインBL36XUで、最先端X-ray based techniquesを開発・整備し、他の解析法では得ることが困難な燃料電池内部のナノ電極触媒を、"その場&オペランド"、"時間軸"、"空間軸"で計測・解析するなど、多くの先導研究を遂行しています。
UECにおける研究により、従来の手法では不可能であった燃料電池内部の電極ナノ触媒の物理化学的挙動およびその動作に関する新たな科学的洞察をもたらしました。
この背景のもと、本国際シンポジウムでは、放射光その場&オペランドXAFS 及びX線分析手法を利用した物質研究、キャラクタリゼーション及びイメージングに関する最近の発展を反映して、多くの研究者からの要望である"Future Earth"エネルギー課題に資する新奇なナノ物質・触媒・表面に関する学術交流と討議の場を提供することで、国内外の先導的研究者が一同に会し、重要かつ急速に進化する学問領域における最新の研究を発表・討議することを目的とします。

皆様のご参加、ご発表を心よりお待ち申し上げております。

本シンポジウムの対象領域
合成、機能、デバイス
● 新奇なエネルギーナノ物質・触媒・表面
● グリーンプロセスのための触媒及び界面
● 燃料電池、バッテリー、フォトデバイス
● 電極触媒、光触媒
● 応用光学
● その他関連トピック

方法論と解析法
● XAFS (その場&オペランド, 時間分解, イメージング(空間分解), 分子ダイナミクス, 等)
● イメージング及び可視化(放射光CT, X線顕微鏡, 等)
● 放射光X線分析手法(雰囲気制御型硬X線光及び軟X線電子分光, 共鳴非弾性X線散乱, X線発光分光,
X線回 折等)
● X線自由電子レーザー
● 理論、計算、シミュレーション
● その他

会場:
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 電気通信大学 B棟

組織委員会
 名誉委員長:福田 喬(学長)
 委員長  :岩澤康裕
 (日本化学会・触媒学会・日本表面科学会、元会長)
 プログラム委員長:岩澤康裕
 国際渉外委員長:サンデュ アダーシュ
 総務委員長/事務局:山北佳宏

プログラム
 基調講演、招待講演、一般講演、ポスター

アブストラクト (1ページ)
 申込期間: 2017年5月1日(月)~6月30日(金)

参加登録
 申込期間: 2017年5月1日(月)~9月30日(土)
 予約参加登録費: 20,000円 (学生3,000円)

バンケット (交流会)