中性子産業利用推進協議会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村
白方162-1
いばらき量子ビーム研究センター D201
中性子産業利用推進協議会事務局
TEL:029-352-3934
FAX:029-352-3935
お問い合わせはこちら

アクセスカウンター

2020年2月17日(月)、18日(火)
【第9回材料系ワークショップ ~「富岳」で飛躍へ!計算データの価値~】を下記のとおり、秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区)にて開催いたします。
http://www.hpci-office.jp/pages/ws_material_200217-18

みなさまのご参加をお待ちしております。

【開催趣旨】
材料系ワークショップでは、材料系アプリケーションの研究活用事例や、大規模計算シミュレーションを行うためのノウハウなどの話題を提供しております。
特に、今回は、2日目(18日)に実験研究者、産業界を対象としたシミュレーションのチュートリアル講演がございます。

【日時】
2020年2月17日(月)、18日(火) 両日10:00から(受付開始 9:30)

【申込み・プログラム】
http://www.hpci-office.jp/pages/ws_material_200217-18
(申し込み締切:2020年2月7日(金) 17:00)

【場所】
秋葉原コンベンションホール (JR秋葉原駅電気街口より徒歩1分)
http://www.akibahall.jp/data/access.html

【参加費】無料(意見交換会2,000円)

【定 員】
200名程度

【お問い合わせ先】
登録施設利用促進機関 / 文科省委託事業「HPCIの運営」代表機関
一般財団法人 高度情報科学技術研究機構(RIST)
ワークショップ担当 hpci-workshop@hpci-office.jp

【主催・共催・協賛】
主催:高度情報科学技術研究機構
共催:スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協/ICSCP)
   材料系のポスト「京」重点課題・萌芽的課題
協賛:公益財団法人計算科学振興財団、TIAかけはし、
   計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS:
   東北大学金属材料研究所計算材料学センター、東京大学物性研究所、
   自然科学研究機構分子科学研究所、大阪大学ナノサイエンスデザイン教育
研究センター、情報統合型物質・材料開発イニシアティブ(MI2I)、
   日本材料学会

【プログラム (敬称略)】
<2/17(月)>
10:00-10:05 開会挨拶
        草間 義紀(高度情報科学技術研究機構)
10:05-10:40 萌芽的課題「基礎科学の挑戦-複合・マルチスケール問題を通し
         た極限の探求」
        久保 百司(東北大学)
10:40-11:00 高精度第一原理計算手法の開発 - 量子コンピュータ・新物質構
        造探索・レーザー加工への展開
        松下 雄一郎(東京工業大学)
11:00-11:35 重点課題(6)における材料・分子系のシミュレーション事例、
         ならびにデータ科学との連携事例
        望月 祐志(立教大学)
11:35-12:50 <ランチタイム>
12:50-14:20 ポスター発表(ポスト「京」重点課題(7)・萌芽的課題(1)で創出
        された成果紹介)
14:20-14:55 重点課題(5)「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の
         新規基盤技術の開発」
        岡崎 進(名古屋大学)
14:55-15:30 重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス、
         高性能材料の開発」
        常行 真司(東京大学)
15:30-15:50 <休憩>
15:50-16:10 HPCI利用環境と利用支援:HPCIにおける産業利用推進
         の取り組み
        塩原 紀行(高度情報科学技術研究機構)
16:10-16:45 鉄鋼材料の高強度化に向けた基礎研究と産学連携
        澤田 英明(日本製鉄株式会社)
16:45-16:50 <休憩>
「計算物質科学におけるエコシステムの構築は可能か」
16:50-18:00 パネルディスカッション
        モデレータ:古宇田 光(東京大学物性研究所)
        パネリスト:江原 正博(分子科学研究所)/ 久保百司(東北大学)
         / 森川 良忠(大阪大学)/ 尾崎泰助(東京大学物性研究所)
         / 茂本 勇(東レ株式会社, 産応協)
          / 奥田 基(高度情報科学技術研究機構)
18:00-20:00 意見交換会(希望者のみ:参加費2,000円)
        HPCI・アプリケーション利用相談、情報交換(希望者のみ)

<2/18(火)>
10:00-10:50 データを中心とした研究開発の課題と将来への期待
        庄司 哲也(トヨタ自動車株式会社)
10:50-11:40 固体と液体の界面における電気化学反応シミュレーションに
       関するチュートリアル
        大谷 実(産業技術総合研究所)
11:40-13:00 <ランチタイム>
13:00-13:35 地震現象に類似した固体塑性挙動に対する原子スケール解析
        新山 友暁(金沢大学)
13:35-14:10 ボルツマン機械で迫る高温超伝導の発現メカニズム
        山地 洋平(東京大学)
14:10-14:45 パナソニックにおける材料開発のデジタライゼーションについて
        藤井 幹也(パナソニック株式会社)
14:45-15:20 JSRにおけるマテリアルズ・インフォマティクスと
         量子コンピューティングの取組
        大西 裕也(JSR株式会社)
15:20-15:40 <休憩>
「技術と人でつなぐ産学コミュニティの形成」
15:40-17:00 パネルディスカッション
        モデレータ:寺田 弥生(東北大学)
        パネリスト:新山 友暁(金沢大学) / 山地 洋平(東京大学)
        / 大西 裕也(JSR株式会社) / 藤井幹也(パナソニック株式会社)
        / 吉澤 香奈子(高度情報科学技術研究機構)
17:00-17:30 HPCI・アプリケーション利用相談、情報交換(希望者のみ)

* プログラムは予告なく変更する場合があります。